※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

休み明けの腰痛

正月休み明けは、腰痛患者が増える?

[2006-01-10]

腰痛の85%は、原因が不明なのだそうです。西洋医学的にはね。

東洋医学的には、生活の乱れ(不規則な生活や暴飲暴食)により仙腸関節に歪み
が生じ、左右の骨盤が傾き開いた状態になるために背骨がずれ、体の後ろ側が
異常に緊張する(縮む)ために、痛みとなって危険信号を発するものなのだ
そうです。
腸腰筋(大腰筋と腸骨筋)・大殿筋・背筋など筋肉の緊張は、仙腸関節を守る
ために起きます。動かしてはいけない、という信号なのです。安静にし、食事を
控えて、自然治癒に任せる(痛いところは弄らない)のがいいそうです。

1週間前・2週間前、といったスパンで過去を振り返ってみて、そのような生活の
乱れプラス仕事に追いまくられる、なんてことがあるのが年末年始。

普段からの運動不足、というより、生活のなかで生じる体のゆがみを常に正しい
位置にもどすための運動を心がけ、食生活を見直すことが、大事なのです。


関連記事
-