※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とことんDVD


とことんDVD

Juria's BBS Diary より転載・修正[2009-01-12]初稿[2005-03-03]

ご注意:
以下の記事中のリンクの修正などは行いましたが、内容の殆どは 2005 年当時
のままの古いものです。

DVD を堪能する


1.PC で快適に DVD を観る
  DVD をリッピング → 不要なタイトルセットを除外
  不要な PGC やセルをダミー化 → VOB を再構成
  メニューを残して、WinDVD で鑑賞。

2.PMP-140 で鑑賞
  必要なセルのみまとめて抽出 → DivX AVI にエンコード

3.音楽プレーヤ(foobar2000, PMP-140 など)で聴く
  一曲ずつ(1セルごとに)抽出 → 音声を分離

DVD リッピング、VOB 編集


 ■ DVD Decrypter v3.5.4.0
  開発終了したようですが、各所で入手可能
   日本語化(日本語化工房-KUP-日本語化パッチ公開場)

  DVD ディスクをドライブに挿入、
  FILE モードで保存先を指定、DVD をリッピング(抽出)しておく。


1.PC で快適に DVD を観る


VOBBlanker を起動、VOB を編集
  • 入力元フォルダ
  : HD 内にリッピングした DVDのVIDEO_TS.IFO
  • 出力先フォルダ
  :(WinDVDでメニュー付で観るために)VIDEO_TS フォルダ内に
  • タイトルセット情報
  :不要なタイトルセットを「未出力」に、
  • 選択タイトルセットの PGC 詳細
  :不要な PGC を「ダミー置換」
vob.jpg

  :出力する PGC を選択 →「セル編集」
   「セル編集モード」画面で不要なセルを「ダミー置換」
vob-cell.jpg

  • メイン画面に戻って「実行」

PCで 再生
  WinDVD        ナビゲーション → DVD イメージを開く
             → 出力先にしたフォルダを指定
  Media Player Classic 出力フォルダ内の VIDEO_TS.IFO を開く

DVD のバックアップ
  編集後のサイズが4.77GB以下であれば、そのまま片面1層の DVD に
  それ以上であれば、片面2層の DVD に(要 DVD+R DL 対応ドライブ、
  ドライブが対応していなければ圧縮して片面1層 DVD に)

2.PMP-140 で鑑賞(タイトルリスト無し)


VOBBlanker で VIDEO_TS.IFO からセルを抽出
  • 目的のタイトルセットの PGC を選択 →「セル編集」
  • 「セル編集モード」画面で必要なセルを複数選択 →
 右クリックメニューから「セルの抽出」、保存
  • ひとつの VOB ファイルが作成される。

PC で再生
  WinDVD        「ファイルを開く」→ 抽出した VOB を開く
  Media Player Classic 抽出した VOB を開く

  再生時間の情報が狂うが、上記ソフトであれば再生に問題は無い。
  ZoomPlayer など他のソフトでは、未抽出のセルの位置で、真っ黒になって、
  まともに再生できなかった。

3.音楽プレーヤ(foobar2000, PMP-140 など)で聴く


VOBBlanker で VIDEO_TS.IFO からセルを抽出
  • 目的のタイトルセットの PGC を選択 →「セル編集」
  • 「セル編集モード」画面で必要なセルを個別に「抽出」・保存
  • 保存した VOB から音声を分離、エンコード

エンコード

 1)準備
  ■ MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In
   m2v.vfp を VFAPI プラグインとして登録
   AviUtl で利用の場合、m2v.vfp を m2v.aui とリネーム、
   AviUtl のプラグインフォルダにコピー

   AviUtl、VirtualDubMod、TMPGEnc などで、直接 VOB を開く

 または


  ファイルを開く → VOBファイルを指定 → File List 確認 → OK
  音声 → 出力形式 → WAV で出力
  ファイル → プロジェクトの保存
  d2v ファイル(プロジェクトファイル)と wav ファイルが出力される
  (使用ツール・バージョンにより出力する D2V ファイル形式が異なる場合が
  あるので Avisynth を使用する場合などには注意が必要)

 2)エンコード(DivX AVI の例)
  ■AviUtl、VirtualDubMod、TMPGEnc、(+ Avisynth)など
  ■DivX コーデック、LameACM 等

  VOB または d2v + wav を指定して、DivX AVI にエンコード
  元の画質がいいので、インターレース解除、サイズ変更のみで
  フィルターはあまりいらないかも。

  音声のみの場合
  DVD2AVI, DGIndex で上記のように WAV 出力するか (#1)、
  VirtualDubMod で ストリーム → ストリームのリスト → WAVE 保存
    #1:VOB ファイルひとつを開いても、File Listに同一フォルダ内の複数の
      VOB ファイルがリストアップされるので、当該ファイルのみ残す

  あとは、WAV のままでも、MP3, AAC などにエンコとか

  再生
   foobar2000 では、曲間のシームレス再生ができるので
   Live でも音声が途切れない。
   PMP-140 では、不可。

   演奏曲一曲ずつの曲名などが必要なければ、2.の(一つの)VOB から
   出力した WAV で。

  WAVファイルを結合するなら
  ■ MegaMixer v0.01

  DVD2AVI, DGIndexで.mpaを出力した場合は WAV にデコード(2005.06.08追記)
  ■ DVD Audio Converter v2.44
   現在は DirectShow Audio Converter v6.x(DirectShow 利用の別バージョン)と
   して公開
  ■ MPx2WAX32G v1.20a
  ■ BeSweet v1.5b31
BeSweet.exe -core( -input "input.mpa" -output "output.wav" -2ch )

   *VOBから直接MP3にエンコード
     BeSweet + VOBInput.dll v1.3 (AVI&VOB Input support)
BeSweet.exe -core( -input "VTS_01_1.VOB" -output "output.mp3" )
      -azid( -s stereo -c normal -L -3db ) -ota( -hybridgain )
      -lame( --alt-preset cbr 192 -p )

MKV (Matroska Video) を作成

Juria's BBS Diary より転載・修正[2009-01-12]初稿[2005-04-16]

音楽 DVDですから、できるだけ良い音質で聴きたいけど、ファイルサイズは少しでも
小さくしたい。チャプター・ナビゲーションもあったらいいな、ということで、
DivX または XviD と Lossless Audio とのコンテナ MKV (Matroska Video)を作って
みました。(PCでのみ再生)

とりあえず、つーか、なりゆきで、(XviD + tta).mkv

準備

 DirectShow プレーヤーで再生できるように DirectShow Filters をインストール
 公式フルパッケージがあるが、すでにインストール済みだったり不要なものも
 含まれるので、今回必要な filter のみ個別で。
 Media Player Classic で再生するなら、TTA True Audio DirectShow Codecs のみ。

 ■matroska splitter filter
   matroska 公式サイト
   guliverkli
  登録 コマンドプロンプトから
regsvr32 path\to\MatroskaSplitter.ax
   解除
regsvr32 /u path\to\MatroskaSplitter.ax
   バッチファイル(.bat)
C:\windows\system32\regsvr32.exe "path\to\MatroskaSplitter.ax"
C:\windows\system32\regsvr32.exe /u "path\to\MatroskaSplitter.ax"

 ■True Audio DirectShow Codecs Suite version 1.0
   The True Audio 公式サイト
  ttads-codecs-setup.exe
   (TTADSDecoder.ax, TTADSEncoder.ax, TTADSSplitter.ax)

 ■Matroska 公式フルパッケージ
  公式には配布終了しているのでこちらから
   Matroska Pack Full 1.1.2 final

使用ツール

DVD Decrypter リッピング
VOBBlanker VOBの再構成・チャプターファイル作成の参考に
IfoEdit v0.971 (日本語化) チャプターファイル作成の参考に
DVD2AVI / DGMPGDec プロジェクトファイル作成・WAVE分離
■Avisynth+各フィルタープラグイン
■VirtualDub Mod+XviD VOB → AVI
■AviUtl+ chapter.auf チャプターファイル(.txt)作成
ttaenc.exe WAVE → TTA
mkvtoolnix MKV 作成等(mkvmerge,mmg,mkvextract 他)
The newest version

手順

1.リッピング
  上記参照

2.VOB ファイル抽出
 1) VOBBlanker で リッピングした VIDEO_TS.IFO を開き、編集・保存。
   作成した VIDEO_TS.IFO を開き、各セルの再生時間・トータル時間をメモ
   しておく。
   または、 IfoEdit で、VTS_01_0.IFO を開き、VTS overview をテキストに
   コピーしておく。(各セルの再生時間・トータル時間・フレーム数)

 2) VOBBlanker で リッピングした VIDEO_TS.IFO を開き、
   不要なセルをダミー化してひとつの VOB ファイルに出力

3.Video(XviD AVI)素材作成

 1)2-2で作成した VOB を AVI にエンコードするための中間ファイル
   (プロジェクトファイル *.d2v)と、TTA にエンコードするための音声ファイル
   (WAVEで)を出力
 2)Video のみをソースに AVS ファイル作成
   (インターレース解除ーIT、Crop、リサイズーLanczos3Resize)
 3)VirtualDub Mod で AVS ファイルを読み込んで、XviD AVI 出力

4.チャプターファイル作成

 1)作成した AVI ファイルを AviUtl で読み込み、[表示] →
   [チャプター編集の表示]
 2)2-1でメモした各セルの再生時間・トータル時間・フレーム数を参考に、
   AviUtl でチャプターを入れたい位置を表示させ、必要ならフレーム位置を調整、
   開始時間が自動入力されるのでチャプターの名称(曲名)を入力・[追加]
 3)2を必要分繰り返し、全部終わったらテキストに[保存]
   *VirtualDub Mod でキーフレーム探して、チャプターファイル手書きした方が
    早いかも。
    書式(OGM style)
CHAPTER01=00:00:00.000
CHAPTER01NAME=1曲目のタイトル
CHAPTER02=00:05:55.923
CHAPTER02NAME=2曲目のタイトル

5.Audio(WAVE)素材作成
 3-1で出力した WAVE ファイルを ttaenc で TTA にエンコード

6.mkvMerge GUI(mmg.exe- mkvtoolnix ) で Muxing
MUX する素材
  • video.avi・・・Videoファイル(手順3)
  • audio.tta・・・Audioファイル(手順5)
  • chapter.txt・・チャプターファイル(手順4)

mmg170.jpg mmg241.jpg

以下の説明は v1.70 のものです。現在のバージョンでは [Track options] が
複数のタブに分割されています。

 1)MUX する video ファイルと audio ファイルを指定
   [Input]タブ
    Input files: [add] → (video.avi) / [add] → (audio.tta)
    Tracks: 選択 → [Track options]→ [language]、Display サイズ、Delay 等
 2)チャプターファイル等を指定
   [Global]タブ
    [File/segment title] → (DVD タイトルなど、プレーヤーでの表示)
    [Chapters] → [Chapter file] → (chapter.txt) → [language]、[Charset]
 3)出力ファイル名
    必要に応じて [Output filename] を編集
 4)[Start muxing] or [Add to job queue] → [Muxing] → [manage jobs]

 mkvmerge( mkvtoolnix ) コマンドライン

"mkvmerge" -o "path\new.mkv" --language 0:eng -d 0 -A -S video.avi
      --language 0:eng -a 0 -D -S audio.tta --track-order 0:0,1:0
      --title "main title" --chapter-language eng
      --chapter-charset SHIFT-JIS --chapters chapter.txt

再生テスト

再生確認
■Windows XP HOME SP2 + XviD + TTA DirectShow
 ▼Media player Clasic 6.4.8.4

 ▼foobar2000 0.83 Special + 同梱のプラグインを差し替え(音声のみ再生)
   対応済みの foo_matroska.dll と foo_tta.dll
   Matroska Plugin (foo_matroska.dll)
   TTA Input Plug-In for Foobar2000(foo_tta.dll)

  foo_matroska.dll は Matroska Audio(.mka)用なので、Videoを含めた
  コンテナ(MKV)だと、シーク位置でデコードエラーになることがある。


■Windows XP HOME SP2 + XviD + TTA DirectShow + MatroskaSplitter
 ▼Windows Media Player 6.4 (mplayer2.exe)
  ナビゲーションバー表示(自動で切り替わるタイミングが早過ぎ)

コンテナの取り出し

 ▼mkvextract.exe( mkvtoolnix ) + MKVExtract GUI 1.5.5

 ▼Media player Clasic 6.4.8.3 ~
  Attachments のみ
  [file] → [Properties] → [Resources]


なにしろ疲れました。慣れればたいした工程じゃないですけど、
チャプターファイル作るのが一番面倒かな。

MKV 作成フロントエンド

追記[2009-01-15]
MkvMagic v1.34b
 リッピングした VOB ファイルを直接指定して AVI/MKV/MP4/MPEG2/DVDイメージを作成
 DVD のリッピングから行うことも可能。
  video フォーマット:XviD/X264 他
  audio フォーマット:Mp3/Ogg/AAC/AC3/MP2 他

AutoMKV
  MkvMagic の後継。"the light version of MkvMagic " としてスタート

チャプターファイルについて

Juria's BBS Diary より転載・修正[2009-01-12]初稿[2005-04-18]

MKV 対応フォーマットは、OGG style(.txt)、CUEシート(.cue)、XML(.xml)

書式

■OGM style chapter files

CHAPTER01=00:00:00.000
CHAPTER01NAME=1曲目のタイトル
CHAPTER02=00:05:55.923
CHAPTER02NAME=2曲目のタイトル

■CUE Sheet

PERFORMER "アーティスト名"
TITLE "DVD タイトル"
REM Year : 2005
REM Genre : Fusion
REM DiscID: 
FILE audio.tta(音声ファイル名) WAVE

TRACK 01 AUDIO
TITLE "1曲目のタイトル"
PREGAP 00:00:00
INDEX 01 00:00:00

TRACK 02 AUDIO
TITLE "2曲目のタイトル"
INDEX 01 05:55:69

■XML style
 ▼mkvmerge GUI でチャプターファイル作成

 [Chapter Editor] → [New Chapters] → (new chapter file) 選択
 → [Add chapter] → unnamed[eng] 選択 → [Start:][Name:],[Language:]入力
  (必要な分だけ繰り返し)
 [Chapter Editor] → [Save] → XML file

 *.txt や *.cue を Load して XML で保存も可能。
 CUE シートの場合はタイムコードも変換される。その逆の機能がほしい。

CUE シートと OGG style・XML とでは、タイムコードの書式が違うので、
AviUtl + chapter.auf で出力したチャプターファイルから CUE シートを
手書きするのは計算がちと面倒。
hh:mm:ss.ms(ミリ秒) → mm:ss:frm (1秒=75フレーム)

■foobar2000 + プラグインでちょっといい感じ?


  store/read meta information in CUE sheets (DATE/GENRE/COMMENT etc)
  playlist→cue export/saving

 ▼ foo_cuesheetcreator 0.2.1 (foo_cuesheetcreator.dll)
   (WinRARとからるちとかで解凍、出てきたファイルを.zipにリネーム)
  [Components] → [Cue Sheet Creator *** mode] → 手書きで修正

  <del>カレント プレイリストからCUEシートを作成してくれるのだが、1秒以下を
  75フレームではなく60で計算してるようで、違うんじゃ? つーか、手動計算でも
  誤差は生じます。</del>
  v.0.3.0 以降で修正。
  その後の Haru Ayana 氏による最新バージョンは v.0.4.6 (2009-01-11 現在)

 OGG style または XML 形式のチャプターファイルと一曲(1チャプター)ごとの
 情報を記述した Tag ファイル(.xml)を Matroska に MUX するのが一番正確なよう。
 CUE シートに REM コマンドで記述したコメント部分は、MKVExtract GUIでは、
 Tag ファイル(Tags.xml)として分離される。


-