※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


更新履歴:
「afxexec」追記[2011-07-17]
ページを分けて修正/afxyzzy・touch追記[2011-05-31]
「afxckw」修正[2011-05-12][2011-04-15]追記[2011-04-14]
「afxfind」加筆・修正[2011-04-11]

メニュー:

【Attention】
  • このページに記載の内容は、特に記載が無い限り、 「あふw」 でのみ、
 動作確認しています。が、大抵の場合(あふw固有の Window Class 等を
 監視するようなツールでなければ)、「あふ」でも利用可能だと思います。
 そちらは、一部を除き、「あふ」「あふw」両方で検証済みです。



標準出力結果をメッセージ窓で閲覧

追記[2011-07-17]
 オートメーションサーバ機能搭載の「あふw」v1.29β 以降
 返ってくる情報量が多い場合には向いていないので注意

準備

1.「あふw設定」→ [about]タブでオートメーションサーバを有効にしておくこと
2. afxexec v0.1.0 - こまんど実行つーる (#)を任意の場所に展開
3.拡張子判別実行やキー定義等のメニューファイルにコマンドを定義する
  入力ボックス内では、「あふw」のマクロは使えないので。

 #:最新版に読み替えてください。(2011-08-09 現在 v0.2.0)

画像情報を表示

Nconvert の例
image.mnu
"画像情報:下" $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c nconvert.exe -info -v $MF
"画像情報:全" $~\afx_run\afx4v.exe /d nconvert.exe -info $MF (#1)
  #1:あふwと連携 afx_run_v2・afx4v の項を参照のこと

コマンドラインツールのヘルプを見る

 ヘルプを表示するコマンド(例では[-help])はツールによって違うので注意

「拡張子判別実行」や[プログラム] SHIFT+X ユーザー定義メニュー等に

"関連付けで開く" &EXEC "$P\$F"
(中略)
"&Usage" $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c $MF -help

ファイル名判別実行(あちゃw)

コマンドラインツールを一ヶ所にまとめておいてある場合
AFXW.DEF に [EXT_SPECIAL] セクションを作成、書式に則ってコマンドを定義する
ファイル名判別実行についての詳細は ACHAW.TXT を参照のこと。

D:\bin 内においてある拡張子exeのツールのヘルプを[Shift+Enter]でメッセージ窓に表示
AFXW.DEF
[EXT_SPECIAL]
E_000=D:\bin\*.exe
S_000=$~\afxexec\afxexec.exe cmd /c "$P\$F" -help

メニュー作ってもいいかも。あんまり賢くないけど。
AFXW.DEF
[EXT_SPECIAL]
E_000=D:\bin\*.exe
S_000=$MP"$~\Menu\help.txt

help.txt
afx USAGE
"1:-help"  $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c "$P\$F" -help
"2:-h"     $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c "$P\$F" -h
"3:--help" $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c "$P\$F" --help
"4:CMD"    $~\afxexec\afxexec.exe cmd /c help
"5:コマンド指定" $~\afxexec\afxexec.exe $IT"cmd /c $khelp $K"$I4"Windowsコマンドを入力"

新規ファイルを作成

[2011-05-31]
 touch.exe はファイルやディレクトリのタイムスタンプ変更ツールですが、
 存在しないファイル名を指定、かつ、起動オプションの指定が無ければ、
 サイズ 0 のファイルを新規作成してくれるので、「あふ」「あふw」の
 入力ボックスでファイル名を入力して新規ファイルを作成します。
touch.jpg
 詳細は@あれこれ-2007年10月の[2007-10-05]の記事を参照してください。

「あふw」で xyzzy

[2011-05-31]

xyzzy(afxwer's edition)

afxyzzy+2ch-mode

afxyzzy+Calmemo


あふwのメッセージ窓をckwで置き換える(afxckw)

[2011-04-14]
 (afxckw v.0.1.0 以降、「あふw」全面表示も可能になっています。)


afxckw.jpg afxckwLynx_3.jpg

以下、 NYAOS なし (#1)、FTP しない場合。
詳細は作者さんのページをご覧下さい。

準備
1. お気に入りのツールを気ままに拡張するブログ から、以下の最新版を DL (#2)
  (xxx の部分は最新版のバージョンに読みかえてください。)
 ・afxckw : afxckw_xxx.zip
 ・ckw (afxwer's edition) : ckw_0.9.0-mod-xxx.zip

  ckw_0.9.0-mod-xxx.zip から
  ckw.exe(ckw_0.9.0-mod-xxx.zip:ckw/vc2008/Release/ckw.exe)と
  ckw.cfg(_0.9.0-mod-xxx.zip:ckw/ckw.cfg)、を抽出
  afxckw.exe と ckw.exe と ckw.cfg を AFXW.EXE のディレクトリに置く。

2.ckw.cfg を編集
 ・13行目の先頭に[!]をつけてコメントにする。
Ckw*title: ckw[cmd]
Ckw*exec:  cmd.exe
!Ckw*exec:  nyaos.exe (#1)
!Ckw*chdir: c:\
 ・その他、文字色やフォントなどはお好みで。

3.AFX.KEY を設定
  (キーはお好みで変更OK)
AFFW.KEY
[KEYCUST]
ON=1
[NORMAL]
;K0000="4081"$V"afx"\afxckw.exe" $V"afx"\ckw.exe" (#3)
K0000="3067"$~\afxckw.exe" [-e,-E,-f -F] (#4)
K0001="4081$~\afxckw.exe" (#5)
K0002="4087$~\afxckw.exe -e[-E] cd $P"
K0003="3073$~\afxckw.exe -e[-E] $IT""$I4"AFXCKW COMMAND"
  オプション無し:起動時のフォーカスはckw
  -e:起動時のフォーカスは「あふw」
  -E:起動時のフォーカスはckw
  -f,-F:フルスクリーン起動

使い方 (準備3で設定したキーの場合)
 ・Alt+Q で afxckwを起動 (#3)
 ・CTRL+SHIFT+C で afxckwを起動 (#4)
 ・ckw の終了は [exit]
 以下、-e,-E オプション指定起動の場合
 ・起動後、ckw⇒あふwの移動は Alt+Q(カーソルの色で区別)
 ・あふwにフォーカスがある時に Alt+W で ckw のカレントディレクトリもあふwの
  カレントにチェンジ
 ・あふwにフォーカスがある時にCTRL+SHIFT+Iでafxckwで実行したいコマンド入力OK
  もちろん、ckw 上でコマンド実行 OK
 ・あふw⇒ckw の移動は、
  -E オプション指定起動の場合は、起動用のキーと同じ CTRL+SHIFT+C
  -e オプション指定起動の場合は、移動用に設定した Alt+Q (#5)

AFXCKW COMMAND 入力窓から &CD $P とか &WDROPTO とかできると最高なんだけど。

 #1: NYAOS を使うなら、nyaos.exeもAFXW.EXEのディレクトリに置いて
   ckw.cfgの12行目の[Ckw*exec: cmd.exe]→[Ckw*exec: nyaos.exe]にするか、
   コメントを入れ替える。
 #2  あふ+ckw+nyaos → あふterm!! のページにあるのは
   まだ新しい版に入れ替わってないので、左側のメニューから最新版を。
 #3:afxckw_20110414 以降、「ckw が起動していなかったら ckw を起動」するように
   なったので修正しました。それ以降の版では起動コマンドの引数に ckw があると
   起動しなくなっています。
 #4 afxckw 起動用のキーは、ckw ⇒ あふw移動用のキー(Alt+Q)とは
   別に設定するようになったのでのでご注意下さい。
   afxckw v.0.1.0 フルスクリーン対応版以降、-f[F] オプションであふwの
   全画面を使って ckw を起動します。
 #5 afxckw v0.2.0 + ckw_0.9.0-mod-d5 では、-e を指定して起動した場合、
   その起動用コマンド(キー)では「あふw」→ ckw 移動ができないので
   必要に応じて、別途、オプション無しの移動用キーを設定します。

afxckw の応用


あふで"けんさく"(afxfind.exe)

[2011-04-11]

「あふw」でカレント・ディレクトリ以下のファイル・フォルダを検索、
MENUウインドウに表示されたリストからパスを選択、「あふw」で移動する。
「あふw」との親和性が高く、まるで「あふw」の機能の一部のようで、
凝った検索が不要ならこれが一番。
afxfind.jpg

ワイルドカード(*)を使って、
前方一致(hoo*)や後方一致(*hoo)、中間部分一致(*hoo*)、
拡張子検索(*.txt)が可能。

準備
1. お気に入りのツールを気ままに拡張するブログ から、afxfind の最新版を DL (#1)
  AFXW.EXE と同じディレクトリにafxfind.exe(afxfind-xxxxx.exeをリネーム)を置く

2.あふw に操作・閲覧するためのキーの設定をする。
  (一度もキー設定をしたことがないとキー設定ファイルAFXW.KEYは存在しない。)

  AFXW.KEYファイルをエディタで作成・編集する(utf-8 または shift_jisで)

   「Alt+F」で検索ダイアログ、「8」で結果表示の例
AFWXW.KEY
[KEYCUST]
ON=1
[NORMAL]
K0000="0056&MENU "$V"afx"\afxfind.mnu""
K0001="4070"$V"afx"\afxfind.exe" $I4"けんさく",$P,$V"afx"\afxfind.mnu,56"

   「Alt+F」で検索ダイアログ、「Shift+F」で結果表示の例
K0000="1070&MENU $~\afxfind.mnu"
K0001="4070$~\afxfind.exe $I4"けんさく",$P,$~\afxfind.mnu,1070"
;K0000="1070&MENU "$V"afx"\afxfind.mnu""
;K0001="4070"$V"afx"\afxfind.exe" $I4"けんさく",$P,$V"afx"\afxfind.mnu,1070"

  ・[;] はコメント
  ・K0000 の部分はキー設定をするたびに連番で追加になるので、AFXW.KEY が
   既存なら、[NORMAL] セクションの最後尾の番号を連番で指定するのが無難。
  ・「$V"afx"」(あふ・あふwの起動パス)は「$~」でもOK。
   ["] を数えるのがだいぶ楽になります^^
  ・afxfind.exe を別の場所に置くなら、適宜パスも変えて。
  ・検索ダイアログのタイトル"けんさく"はお好みで変えても OK
  ・afxfind.mnu は、afxfind.exe 実行時に自動で作成される。
  ・検索結果閲覧用のキーにモディファイアキーを使えるのは、
    あふで"けんさく" part3 以降。但し、アルファベットキーのみ修飾可能とのこと
  ・K3KEYAFX 0.07c(AFXW.KEY暫定対応キーカスタマイズツール)で
   AFXW.KEY を編集しても OK

使い方 (準備で設定したキーの場合)
 ・あふwで検索したいディレクトリに移動、「Alt+F」で検索ダイアログを呼び出し
 ・ワイルドカードを使ってキーワードを入力 → [ENTER]
 ・マッチするものがあれば一覧に表示 → 選択して [ENTER]であふwの窓で移動。
 ・再度、検索結果を表示したい時には閲覧用のキーで。→ 再移動も OK

 afx_run_v2・afx4v の動作に似てますね。

 #1  あふで"けんさく" のページにあるのは
   まだ新しい版に入れ替わってないので、左側のメニューから最新版を。


-