※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

@あれこれ-2011年5月

[2011-05-06]

ツイート回数が増えるかも知れないわけ はてなブックマークに登録

TweetConsole ver0.7.3
コマンドプロンプトから実行するTwitterクライアント(OAuth認証対応)

twtcnslxyzzyShell4.jpg
画像は、xyzzy から twtcnsl を実行中(#1)。(認証は普通にcmdから済ませておく。)

1.始めに twtcnsl.exe をオプション無しで起動、
  Twitterアカウントのアプリケーション認証とPINを取得(標準のブラウザが起動)
  [暗証番号]にPINを入力→Enter
  ユーザ設定は以下に保存される。
C:\Documents and Settings\ユーザ\Local Settings\Application Data\TweetConsole

2.保存されるtwitterアカウントは一つのみで、複数アカウントを使い分けたい場合
  /c ユーザ名 で切り替える。一旦切り替えると、古い認証番号は使えず、
  その都度アプリケーション認証と新しいPINが必要になる。

3.ユーザ設定完了後は、コマンドラインオプションを指定して操作
  (対話モードに入ったら、オプションから入力する。)
twtcnsl /t つぶやく
twtcnsl /r 自分のタイムラインを一件ずづ読み出し
twtcnsl /d 自分のつぶやきを削除
twtcnsl /u 現在のユーザを確認
twtcnsl /c [アカウント] Twitterのアカウントを切り替える
twtcnsl /ru [ユーザ名] 指定したユーザのつぶやきを一件ずつ読み出し
twtcnsl /txt hoge.txt 指定したテキストファイルの内容を一行ずつ分割投稿
  exitで終了
  取得したつぶやきへの返信や公式RTも可能。
  その他、リツイートやmentionやlistの読み出し、検索も可能。

もちろん、ckw+nyaosなどのcmd以外のshellからも実行可能。

但し、Meadowやxyzzyからshellを呼び出すなどコンソール入力がファイルから
リダイレクトされている時や、コンソールが非表示になる場合に、/r など
読み出すコマンド実行後に「ハンドルされていない例外」で異常終了するので注意。

コマンド実行中(入力待ち)のキャンセルはCtrl-Cで終了させるしかない?

 #1:[M-x shell] で起動する shell を nyaos にし、nyaosにエイリアスを設定。
   .xyzzyに
(setq *eshell* "nyaos")
   _nyaに
alias tweet D:\path\to\TweetConsole\twtcnsl.exe

   Meadowなら、Eshellにエイリアスを設定
   ~/.eshell/aliasファイルに以下のように追加
alias ll ls -l
   または、Meadowからeshellを起動して(M-x eshell)
$ alias ll 'ls -l' 
   のように入力→Enterでaliasファイルに追加してくれる

   ・aliasファイルは一度でもeshellでコマンドを実行すれば自動で作成される
   ・それぞれシングルクォート(')の有無に注意
   ・参考: EmacsWiki: Eshell Alias

[2011-05-01] (更新)

plugin_right is not found. please feed back @wiki.

あふwでテキスト編集 はてなブックマークに登録

ファイラーとテキストエディタは切っても切れない関係なのに
永遠の命題のような気がします。

常用のテキストエディタxyzzyにもファイラーが付いてますが、
やっぱ、「あふw」でしょ、
と言うわけで、(キーバインド的に)百歩譲って、○年ぶりに Meadow を弄ってます。

以下、
「あふw」1.27β+
afxckw v.0.1.x版+ckw20110430 Nyaos 3.x Meadow-3.02-r4261-3 を利用。

日本語入力は自動的にquail+kkc(Kana-Kanji conversion)になるので
ご注意あそばしますよう。(特に設定は不要。Ctrl+\で日本語入力ON/OFF、Spaceで変換、
使い方・キーバインドの詳細は M-x list-input-methodsしてjapaneseの上でEnter)
パスの補完はCtrl+TABかCtrl+O
afxckw v0.1.0 - フルスクリーン対応版 は、
VC9のランタイム(mfc90.dllとか)を入れてないので未テスト→いつの間にか入ってた^^;

[2011-05-07]追記
afxckw v0.1.0 - フルスクリーン対応版 & afxckw v0.1.1 にて
Meadowの画面サイズ変更追随を確認しましたので、以下、フルスクリーン対応版に
関する記述を追加しました。

注意・制限など
  • mw32用の設定の記述があると起動時に警告、それ以降の設定が無効になる場合も。
  • Meadow GUIの拡張lispがCUIでも使えるとは限らない。
  • gnuclient(w)に-nwオプションは使えないので、環境変数にRUNEMACSを設定すると
 Meadow GUIが立ち上がってしまう。
 従って、初回はmeadow -nwで起動し、2つ目のファイル以降にgnuservを使う。
  • gnuservでファイルをMeadowに渡しても、フォーカスは「あふw」のまま。
  • Mule-UCS Unicodeが使えるかどうかは未確認
  • 「あふw」がフォーカスを失うと、Meadowにあったフォーカスが「あふw」窓に
 移ってしまう(afxckwの制限)。
  • Meadowまたはnyaosを終了させる前に「あふw」にフォーカスを戻すか、または
 afxckwを先に終了させないと、「あふw」がフォーカスを失ったままになる。従って
 全て終了させ「あふw」に戻るのに3回の操作が必要。(v0.1.0までは問題なし)
 →afxckw v0.1.2+ckw_0.9.0-mod-d4 にて修正されました。
  • 既にafxckw+Meadowがメッセージ窓サイズで起動している場合に、フルサイズ指定で
 (-F,-f)コマンドを実行すると表示が変になったり、Meadowが終了できなくなる。
 →afxckw v0.2.0+ckw_0.9.0-mod-d5 にて、フルスクリーン表示⇔メッセージ窓表示
  切り替えのトグルができるようになりました(F11キー)。
  • ckwで日本語入力ができない。
 →afxckw v0.2.0+ckw_0.9.0-mod-d5 にてIME日本語入力対応。
 →Meadow や Meadow から shell,shell-command を呼び出した場合の日本語入力は
  KKC。IME が ON になっていると、KKC が使えなくなるので、Meadow 起動時は
  IMEは 常に OFF で。([2011-05-10]追記)

afxckwMeadw5.jpg afxckwMeadowShell.jpg
afxckw011.jpg

afxckwの設定は済んでいるものとします。

1.Meadowの準備
  NetinstallerでDLのみを選択、もしくは Meadow-3.02-r4261-3-pkg.tar.bz2
  DLし、任意のディレクトリに展開、
  (念のため)install.exeを実行。
  基本、「あふw」+afxckw+Meadowで画像は扱わないのでImageMagickは不要。
  (1)環境変数[HOME]をフルパスで設定する
    HOME=E:\HOME
  (2)設定した[HOME]ディレクトリに[.emacs]ファイルを作成
    (GNU Emacsでも、HOMEに.emacsがあれば.emacs.d/init.elより先に読み込むし
    Meadow GUIを既に使用中であれば、MS-DOSモード用に別途.emacsを指定して
    起動したほうが良いかも。)
  (3) GNUServ をDL、
    gnuserv.elを\Meadow\site-lisp\に置き、
    実行ファイル一式(gnuclientw.exeだけでも)をパスが通ったところに置く。
  (3).emacsの最低限の設定
.emacs
; 言語を日本語にする
(set-language-environment 'Japanese)

;; MS-DOS(text-mode) ;特に設定しなくてもShift-JISでCR+LFになる
;(prefer-coding-system 'shift_jis-dos)
;(set-keyboard-coding-system 'shift_jis-dos)
;(set-clipboard-coding-system 'shift_jis-dos)
;; けど明示的にCP-932を指定する
;(prefer-coding-system 'cp932-dos)
;(set-keyboard-coding-system 'cp932-dos)
;(set-clipboard-coding-system 'cp932-dos)
;(set-file-name-coding-system 'cp932-dos)
;; UTF-8なら
(prefer-coding-system 'utf-8-dos)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8-dos)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8-dos)
;(set-clipboard-coding-system 'utf-8-dos)
(set-file-name-coding-system 'utf-8-dos)
;;; UTF-8、Shift-jis(CP-932)のファイルそれぞれの文字コードで読み書き
;;; かつ、dired、shell-commandでも日本語ファイル名OK
;;; (某「NTEmacs スレッド 2」757氏からの頂きもの)
(if (not (string-match "-D_UNICODE" system-configuration-options))
     (set-keyboard-coding-system 'cp932))
 (prefer-coding-system 'utf-8-dos)
 (set-file-name-coding-system 'cp932)
 (setq default-process-coding-system '(cp932 . cp932))
 (modify-coding-system-alist 'process "[cC][mM][dD][pP][rR][oO][xX][yY]" 'cp932)

;;; gnuserv
(require 'gnuserv)
(gnuserv-start)
;(setq gnuserv-frame (selected-frame))  ;新しいフレームを開かない設定→無関係
(setq mode-line-frame-identification " ")  ;だからフレーム番号表示もいらない

;;; メニューバーを消す
(menu-bar-mode -1)

;;; 警告音を消す
(set-message-beep 'silent)

;;; If non-nil, use type \"nn\" to insert ん.
(setq quail-japanese-use-double-n t)

2.afxckwとNyaosを用意、設定をする。
  (1)nyaos.exeと_nyaファイルをAFW.EXEと同じ場所に置く。
   nyaos.exeをそれ以外の場所に置くなら、ckw.cfgでフルパスを指定、
   _nyaファイルは環境変数HOMEに設定した場所に置く。(2)参照
   _nyaの設定
    必要なら配色の設定をする。指定が無ければckw.cfg指定の色。ただし、
    Nyaosで使える色は少ないので、Nyaosのプロンプトの色ぐらいにして
    ckw.cfgで設定した方が多彩。けど、それもMeadowのFaceの色に影響するので
    (混ざって変色)注意。(2)参照
_nya
(前略)
### エイリアス(#1)
alias tweet D:\path\to\TweetConsole\twtcnsl.exe
(中略)

### 配色の設定
#option prompt $e[32;42;1m[$p]$e[37;1m
option prompt $e[32;1m[$p]$e[37;1m

# nyaos_ja.txtより
# 30 前景色:黒  40 背景色:黒 0  初期状態に戻す
# 31 前景色:赤  41 背景色:赤 1  高輝度
# 32 前景色:緑  42 背景色:緑
# 33 前景色:黄  34 背景色:黄
# 34 前景色:青  44 背景色:青
# 35 前景色:紫  45 背景色:紫
# 36 前景色:水  46 背景色:水
# 37 前景色:白  47 背景色:白
(後略)
  (2)afxckwとckw.exeをAFW.EXEと同じ場所に置き、ckw.cfgを作成する。
   ckw.cfgの設定
   ・Meadow CLIではWin32-IMEが使われないので、ここでKKC用のフォントを指定。
    (例では MigMix 1M )
   ・また、Meadowデフォルトのスクリーンも使われないので、ここの文字色・背景色
    (Nyaosの設定次第)とフォントサイズが有効になる。
    (MeadowのFaceの配色設定への影響に注意)
ckw.cfg
! ckw setting
!

!文字はペールピンク、背景はブルー系、
!カーソルはミントグリーン、IMEのカーソル設定はピンク
Ckw*foreground: #F9EDED
Ckw*background: #8080C0
Ckw*cursorColor: #90EE90
Ckw*cursorImeColor: #FFB6C1
!ckw にフォーカスがある時の枠の色(afxckw v0.3.0 以降)
Ckw*focusColor: #9136A1
(中略)

Ckw*title: ckw[cmd]
!Ckw*exec:  cmd.exe
Ckw*exec:  nyaos.exe
!Ckw*exec:  D:\path\to\afxw\nyaos.exe
!Ckw*chdir: c:\

!Ckw*font: MS Gothic
Ckw*font: MigMix 1M
Ckw*fontSize: 14
(後略)

3.「あふw」の設定
  (1)拡張子判別実行にメニューファイルを指定(基本、テキスト編集ってことで)
    拡張子:txt cfg ahk ini bat ahk csv emacs el key cssなどなど
    Shift+Enter:&PMENU $~\Menu\txt.txt
txt.txt
afx テキスト
"Meadowを起動(下)" $~\afxckw.exe -E D:\path\to\Meadow\bin\Meadow.exe -nw
"Meadowを起動(全)" $~\afxckw.exe -F D:\path\to\Meadow\bin\Meadow.exe -nw
"Meadowで開く(下)" $~\afxckw.exe -E D:\path\to\Meadow\bin\Meadow.exe -nw $MF
"Meadowで開く(全)" $~\afxckw.exe -F D:\path\to\Meadow\bin\Meadow.exe -nw $MF
"gnuservで開く" gnuclientw $MF
  (2)afxckw用のメニューを作って「キー定義」やAFXW.KEYで設定してもOK
K0004="3073&MENU $~\Menu\afxckw.txt"
afxckw.txt
[2011-05-05,07,09] 追記
afx afxckw
;"run" $~\afxckw.exe
"run" &SENDKEY 3067 (#2)
;"exit" $~\afxckw.exe -e exit
"exit" &SENDKEY 5081 (#3)
"送信する" $~\afxckw.exe -E $IT""$I4"AFXCKW COMMAND" (#4)
"twtcnslでツイート" $~\afxckw.exe -E $IT"tweet"$I4"AFXCKW COMMAND" (#5)
; Alt+F
"あふでけんさく" &SENDKEY 4070
;セパレータ
-
"afxyzzy(全)" &SENDKEY 3069
"Meadow" &PMENU $~\Menu\Meadow.txt (#6)
-
"Lynx" D:\path\to\AutoHotkey.exe $~\afxckwLynx.ahk

 #1,#4,#5:_nyaにコマンドのエイリアスが設定してあれば、短縮語を入力して
      コマンドを送信→実行が可能。但し、Meadowが起動していない場合のみ。
      よく使うコマンドは予め入力済みにしおいてもOK

 #2,#3:AFXW.KEYに既に設定されているキーを指定することも可能

 #6:共通のメニューは別のファイルにして、それぞれサブメニューにしてもいいし。


-