野手転向

概要(あそびかたページより)

  • プロ年数が10年未満でチームの野手に空きがある場合、経験Pを100ポイント、投手Pを300ポイント使用して野手への転向を行うことができます。
  • 野手転向後は成長タイプが晩成気味に変化する場合があります。
  • 早熟の投手は野手への適応力があり能力に+αが加わります。

詳細

  • 一般的には早熟の投手が行うことが多く、優秀な能力の野手に化けることも多々あります。
  • 転向するまでの年数が長ければ長いほど、転向後の能力には+αの上昇が付くようです。
  • 野手転向は早熟投手を上手く育成する手段の1つであり、早熟投手なら絶対すべきというものではありません。特にチームの空き枠状況などと折り合いをつける必要が有るため、 野手転向を考えている場合は必ずチームに相談しましょう。

転向後の野手能力

  • 野手転向確定前に転向後の野手能力を確認することが出来ます。その上昇値が大きい場合、成長型は早熟である可能性が大きいです。確認するだけの場合、間違って転向決定しないように気をつけてください。
  • 転向前の投手能力は転向後の野手能力に影響します。野手転向分のポイント(経験P100&投手P300)を残しつつ、野手転向後のパラメータを見据えてキャンプ&練習を行いましょう。投手守備練習で守備とエラーを上昇させるのも良い手です。
  • 転向前後で影響する能力は以下の通りです。 変化球は転向後の野手能力に影響しません。
転向前の投手能力 先発調整力 スタミナ 球速
転向後の野手能力 ミート パワー 走力




参考ブログ記事:ゆぐどらしる―野手転向―