※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遅発性筋肉痛

筋肉痛の発症が遅いのは?


久しぶりに運動したら、「若い頃に比べて筋肉痛が出るのがどうも遅くなった。」
と感じる事があります。これは老化現象なのでしょうか。

メカニズムの項で述べているように、短時間で負荷の高いエキセントリックな
運動をすれば、年令に関係なく遅発性筋肉痛を発症します。同じ人でも、損傷の
程度、つまり、どんな運動負荷をかけたか、その運動に慣れているかどうかに
よって、発生時期が遅かったり長引いたりします。

もし、年令による差があるとすれば、傷んだ筋繊維の残骸を掃除する白血球や
マクロファージなどの働きが年令と共に衰え、筋繊維を修復・再生するスピードが
遅くなるために、炎症による痛みを感じ始めるのが遅くなるのだと考えられます。
が、年配の人でも、日常的にトレーニングをすることにより、筋肉痛の起きにくい
体を作る事ができ、それは若い人でも同様です。