※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Fraunhofer IIS MPEG Audio Layer-3 ACM codec professional

Juria's BBS Diaryより転記・加筆[2007-10-04][2005-04-04]

以下は、インストールされている Windows Media Player が バージョン 9 以前の場合のことです。(2007-10-04 追記)

VirtualDubMod、AviUtl などで動画に含まれる音声を mp3 に圧縮する際のコーデック
(ACM)に LAME を使っていましたが、望みのプリセットが選択できないので、
Fraunhofer IIS のものに鞍替えしました。

1.Windows Media Player 10 / 11 に付属の l3codecp.acm を抜き出す。
  (自己解凍形式の圧縮ファイルを展開できる解凍ツール使用)
   Windows Media Player のダウンロード

  *もちろん、Windows Media Player はインストールしない。
  *2007-10 現在 WMP10 には v3.3.2.44, WMP11 には v3.4.0.0 の l3codecp.acm
   が付属。

2.l3codecp.acm を Windows XPの場合は C:\Windows\system32\ に、
  Windows 98の場合は C:\Windows\system\ にコピー or 移動

3.コーデック登録情報の書き換え

  Windows XP:レジストリエディタで[msacm.l3acm]の値のデータを修正
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Drivers32
"msacm.l3acm"="C:\\WINDOWS\\system32\\l3codecp.acm"

  Windows 98:C:\WINDOWS\SYSTEM.INI の [drivers32] msacm.l3acm の値を、
  l3codecp.acm のパスに修正
C:\Windows\system\l3codecp.acm

4.Lame ACM MP3 Codec はアンインストール
  または
  [コントロールパネル][サウンドとオーディオ デバイス][ハードウェア]
  [オーディオ CODEC][プロパティ]から、Lame ACM MP3 Codec を「使わない」に。

現在の Fraunhofer IIS と LAME とでは、音質はどっちがどうってのは気にしない。
ソースのほとんどが、F1の地上波放送をTVキャプチャしたものだから。


-