※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、 My Wiki のミラーです。


[2006-10-31]

open_url.ahk α5 お気に入りリスト作成機能付き

  お気に入りリスト(指定ファイル)に追加書き込み(ページ上、リンク上)
  書き込みには nircmd.exe を使用
  書式を [コメント, URL, タグ] に変更
  <a href="http://www.autohotkey.com/">AutoHotKey</a>
  書き込み文字列の確認 → 「はい」で書き込み
  「いいえ」でタグを追加するダイアログ表示
  → 書き込み文字列の確認 → 「はい」で書き込み、「いいえ」でキャンセル
  • ついでに、パスをお気に入りリストに追加するメニューを追加
  付加するコメントとタグをダイアログで入力
  • Audio ファイル、ShoutCast の pls 関連を追加(こういうのはキリが無いけど)
  • / , .com など、ドメイン名で終わっている url が開けなくなっていたのを修正

全てのパターンでテストできないので不備はいっぱいある。
未登録の拡張子の url が開けない(何も起きない)のを何とかしたい。

煩雑になるので別ページにしました。
open_url.ahk

[2006-10-28]

amazon で試聴 hurl.exe?

Real Player も Real Alternative も入ってない環境で。
Lynx + MPlayer + RealAudio Codec で amazon の CD試聴

  • open_url.ahk に、Real のファイルを Mplayer で開く設定をしておく。
  • Lynx の .maicap と .mime.types に ra,rm,ram,rpm などの設定はしない。
 MPlayer はメタファイルは開けないみたいなので。

1.試聴のリンクに移動すると ***hurl.exe?*** な url に接続後、
  「audio/x-pn-realaudio [d]ダウンロード または [c]キャンセル」と聞いてくるので [d]
2.「ダウンロード先を選択」画面が出るので、「標準のダウンロード先」を
  「View temporary file」にして、Enter
3.一時ファイルの内容が表示されたら、書かれている rtsp://*** な url をコピー
4.再度、open_url.ahk を実行後、MPlayer を選択・実行

他のブラウザで閲覧中なら、視聴用 url を右クリックメニューからコピー
open_url.ahk 実行後、linx を選択・実行、後は同じ。

[2006-10-24]

open_url.ahk α4 ≒ お気に入りのその後4

クリップボード内の url を拡張子別に指定アプリで開く。
リンクリストのコピーした行に含まれる url を抽出、拡張子フィルタ実行。
ついでに、HTMLタグ等の生成。(クリップボードに送る)。
コピーした文字列が url じゃなかったら、Google か YouTube で検索。

なんたら言語と名がつくものは、HTMLしか書けない。
正しいスクリプトの書き方も知らない。もっとすっきり美しく書けるに違いない、
と思う。んでも、一応ほぼ期待通りに動いているので良しとしてもいい?

(注意)
  • お気に入り(リンク)リストの書式は、
 タグ, コメント, URL [, 備考など] (カンマ区切り、タブ区切り、| 区切り)
  AHK, Autotkeyリファレンス, http://www.autohotkey.com/docs/commands.htm | 名前順
  • 各要素の前後のスペース、改行は除去される。
  • コメント, URL [, タグ] の場合は、%new_url2%→%new_url1%、%new_url3%→%new_url2%
  • メニューの表示位置はお好みで。
  • ローカルなパスもオッケーだけど、スペースを含むパスは考慮していない。
 fenrir や ファイラーから開くアプリを選択・実行するのが普通でしょ。

煩雑になるので別ページにしました。
open_url.ahk

[2006-10-21]

AutoHotkey サブメニューの作り方

メインメニューより前にサブメニューを記述しとけ、ってことですね。

open_url.ahk 抜粋
If (ext="htm" or ext="html" or ext="php")
  {
    Menu, Sub, Add, lynx, Menu1     ; サブメニュー1(Sub)のリスト1
    Menu, Sub, Add, luna, Menu2     ; サブメニュー1(Sub)のリスト2
    Menu, Sub, Add, xyzzy_www, Menu9  ; サブメニュー1(Sub)のリスト4
    Menu, Sub2, Add, sakura, Menu3  ;サブメニュー2(Sub2)のリスト
    Menu, Main, Add, Browser, :Sub  ; メインメニューにサブメニュー1(Sub)を追加
    Menu, Main, Add, Editor, :Sub2  ; メインメニューにサブメニュー2(Sub2)を追加
    Menu, Main, Show
  }
とか
If (ext="htm" or ext="html" or ext="php")
  {
    Menu, Sub, Add, lynx, Menu1     ; サブメニュー1(Sub)のリスト1
    Menu, Sub, Add, luna, Menu2     ; サブメニュー1(Sub)のリスト2
    Menu, Sub, Add, xyzzy_www, Menu9  ; サブメニュー1(Sub)のリスト4
    Menu, Main, Add, Browser, :Sub  ; メインメニューにサブメニュー1(Sub)を追加
    Menu, Sub2, Add, sakura, Menu3  ;サブメニュー2(Sub2)のリスト
    Menu, Main, Add, Editor, :Sub2  ; メインメニューにサブメニュー2(Sub2)を追加
    Menu, Main, Show
  }

Menu9:
  {
    Run, %app%\xyzzy\xyzzycli.exe -f my-www-open-url %new_clip%  ;(*)
  }
  Return

(*)
.xyzzy か siteinit.l に書いておく
; 外部から url を指定して www-mode を起動
(defun my-www-open-url ()
(while si:*command-line-args*
(www-open-url
(pop si:*command-line-args*))))

[2006-10-17]

open_url.ahk α2

(登録した)全ての拡張子で DLとか、関連付け実行とかを選択可能にした。
モノスゴイ力技。それが正しく url であるかどうかの確認をしてないので(^_^;。
このままだと登録していない拡張子には無力だし。

煩雑になるので別ページにしました。
open_url.ahk

[2006-10-15]

クリップボード内の url を指定アプリで開くAHKメモ


Lynx から Ctrl+S d, Ctrl+S l とか、eClip などクリップボードの履歴を取る
ソフト等からクリップボードに url を転送後、open_url.ahk を実行するだけ。
3つの AHKスクリプトファイルを同ディレクトリに。

Lynx では MIMEタイプと拡張子を関連付けてそれを外部アプリで開く事ができるが
外部アプリを必要に応じて選択したい、現在のページを別ブラウザで見たい時用に、
のつもりだったが、別の場面でも使えるような汎用に。ローカルの絶対パスもOK。
ついでに、先日の ShuffleDown_lynx.ahk を取り込み。ttp, tp の補完も。

ほんとは、サブメニューに展開したいんだけど、:SubMenu のリストの書き方が
分かんないので、とりあえず拡張子フィルタで。スゴク稚拙。

課題: ・コピーした行に含まれる url を抽出(行末の改行・空白除去を含む)
    ・全ての拡張子で実行したい場合(DLとか、関連付け実行とか)
    ・tp が https の場合
問題点:・http や :// があるだけでも実行可能。
    ・同名ファイルがある場合(wget)

completionURL.ahk
; クリップボード内の url の補完(ttp,tp -> http)
new_clip = %Clipboard%
StringLeft, new_url, new_clip, 3
    IfInString, new_url, ttp
      {
         StringReplace, clipboad, clipboad, h%new_clip%
         new_clip = h%new_clip%
      }
    else IfInString, new_url, tp`:
      {
         StringReplace, clipboad, clipboad, ht%new_clip%
         new_clip = ht%new_clip%
      }
    else
      {
         new_clip = %new_clip%
      }

Download.ahk ShuffleDown.ahk )を拝借
; open_url.ahk から呼び出される。引数となる url の確認はそっちで。
; クリップボード内の url の置換(ttp,tp -> http)
#Include completionURL.ahk

pDir = D:\archives\	;振り分けたいディレクトリ群がある親ディレクトリ
wget = wget.exe	;wgetの絶対パス

wget_opt = -c --referer=%new_clip%	;wgetのオプション(-P以外)

以下、%url% を %new_clip% に(2ヶ所)。

#noTrayIcon
; クリップボード内の url の置換(ttp,tp -> http)
#Include completionURL.ahk

; クリップボード内の url を各要素に分解する
SplitPath,ClipBoard,file,dir,ext,name

; ポップアップで表示するメニューを作成
; 書式:Menu,分類,コマンド,表示名,ラベル
  Menu, Browser, Add, lyn&x, Menu1
  Menu, Browser, Add, &luna, Menu2
  Menu, Text, Add, &sakura, Menu3
  Menu, Viewer, Add, picture, Menu4
  Menu, Player, Add, media, Menu5
  Menu, Archive, Add, Wget, Menu6
  Menu, Archive, Add, NetTransport, Menu7

; url を実行するアプリのメニューを拡張子で振り分け
  If (ext="htm" or ext="html")
    Menu, Browser, Show
  else if (ext="txt" or ext="ini")
    Menu, Text, Show
  else if (ext="gif" or ext="jpg" or ext="png" or ext="bmp")
    Menu, Viewer, Show
  else if (ext="mpg" or ext="avi" or ext="wmv" or ext="mp3")
    Menu, Player, Show
  else if (ext="zip" or ext="lzh" or ext="exe" or ext="rar")
    Menu, Archive, Show
  ; url が / で終わってるとか php?・・とかの場合
  else if name not in %Clipboard%
    Menu, Browser, Show
	else
    MsgBox,有効な url じゃないよ
  return

; 各メニューに対応する動作(起動するアプリの)設定
Menu1:
    Run, path\Lynx\lynx.bat %new_clip%,
return
Menu2:
    Run, path\Lunascape3\Luna.exe %new_clip%,
return
Menu3:
    Run, path\sakura\sakura.exe %new_clip%,
return
Menu4:
    Run, path\Lunascape3\Luna.exe %new_clip%,
return
Menu5:
    Run, path\MPlayer-KK\mplayer.exe %new_clip%,
return
Menu6:
    Run, path\AutoHotkey\DownLoad.ahk
return
Menu7:
    Run, "path\NetTransport 2\NetTransport.exe" %new_clip%,
return

[2006-10-07]

Lynx メモ 1


  • ckw 経由で起動すると、MenuHacker でシステムメニュー拡張が可能になる。
  • Lynx のタイトルバーには、カーソル上のリンクのURLが表示される。

ファイルのダウンロードをちょっと便利に
1.MenuHacker 拡張システムメニューから

menu.ini
[Download(&D)
  ; NetTransport
  NetTransport(&N),run,"D:/NetTransport 2/NetTransport.exe" ,%title%
  ; ShuffleDown.ahk (*)
  Wget(&W),run,"D:\AutoHotkey\ShuffleDown_lynx.ahk"
]
  • パスの区切りはどっちでもいい。
  • 拡張子 .ahk は AutoHotkey.exe に関連付け済み。

(*) ShuffleDown.ahk
Principia
「ダウンロード時に保存先ディレクトリをポップアップメニューで振り分ける」

MenuHacker で %titlepath% を引数に渡せなかったので、
3行目、「url = %1%」を改造させてもらいました<m(__)m>。

ShuffleDown_lynx.ahk
pDir = D:\archives\
wget = wget.exe	;パスを通してある

; ----ここから
IfWinActive, ahk_class CkwWindowClass
WinGetTitle,url
; ----ここまで

2.どうせなら、Lynx の [ d ] で ダウンロード先を選択
  一度 ShuffleDown_lynx.ahk を起動しなければならないが。

; ----ここから
#IfWinActive, ahk_class CkwWindowClass
d::
WinGetTitle,url
; ----ここまで

[2006-10-04]

Lynx for Win32 (by patakuti)

以前に比べてだいぶフレーム表示のWEBサイトは減りましたね。その分、今時の
流行りは CSS を使ったマルチカラムなレイアウトなんでしょうか。それは Wiki
や Blog の人気と無関係ではないのでしょう。

HTMLソースは table要素を使わずに、固有の意味を持たない div要素でもって
区切ったブロックを表示・読み上げてもらいたい順に書き、表示位置をCSSで
指定するのですが、ユーザがレイアウトを編集しやすいようにか、無料で提供
されている Wiki や Blog サービスのソースも、上から下に、左から右へと書か
れている事が多く、CSS の適用ができないテキストブラウザでは、返って見難い
ものがあるような・・・。

検索からいらっしゃる方が多い情報系の私んち(Wikiじゃない方)では、ページ
内のコンテンツを系統的に見ていただきたいので(不十分ではありますが)、
ユーザビリティやアクセシビリティを考慮しながら、ほとんど table 要素で
マルチカラムを実現しています。table を使わないソースに書き換えるべき
でしょうが、ブラウザでの表示や音声読み上げブラウザで読み上げられる順番は、
サイト内コンテンツのナビゲートと当該ページの本文とどちらが先がいいのかは
悩むところです。
もちろん、広告や他サイトへのリンクなどが先に来るのは論外だよな(反省中)。

とりあえず現状のまま、ネストされた table の表示ができない Lynx で表示確認。

Lynx286dev18TH.zip
以下はZIP形式のアーカイブを展開した場合であり、インストーラでインストール
した場合はどうだか分かりません。

1.\docs-jp フォルダから lynx.cfg を lynx.exe と同じ場所にコピー。

2.起動
  • 環境変数 HOME 未定義の場合、
 ブックマークファイル(lynx_bookmarks.html)と、起動後のオプション設定パネルで
 [ 変更をディスクに保存 ]にチェックをつけて変更を有効にした時に保存される
 lynx.rc は、"C:\Documents and Settings\ユーザ名\My Documents" つまり
 「マイドキュメント」に保存されるのだが、「マイドキュメント」のターゲット
 フォルダを標準以外の場所に移動していても標準の場所になる。これだと不便
 なのでバッチファイルで HOME を分かりやすい場所に(一時的に)設定。
  • ユーザ環境変数 Temp に一次ファイルが保存されるが、
 "C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Temp"
 変更したい場合は同様にバッチファイルで。

lynx.bat
@echo off
set home=D:/Application/Internet/Lynx
set Temp=D:/Application/Internet/Lynx
D:\bin\ckw.exe -e D:\Application\Internet\Lynx\lynx.exe %1

 ・Lynx for Win32 はデフォルトでマウスクリックでリンクに移動する機能が
  有効になっていますが、ckw 経由で起動すると ckw の機能(文字列を
  クリップボードにコピー)が乗っ取るので、マウスでの移動は出来なくなる。

3.エディタで編集中の HTMLソースを Lynx で表示確認
  (ez-HTML,sakura,秀丸などタイトルバーにパスが表示できる場合)

MenuHacker 設定ファイルに追加
menu.ini
[URL(&U)
  Lynx(&X),run,"D:\Application\Internet\Lynx\lynx.exe",%titlepath%
  Lynx_ckwで開く(&Y),run,"D:\Application\Internet\Lynx\lynx.bat",%titlepath%
]



過去ログ


-