ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 薔薇水晶の保守

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薔薇「♪~~♪♪」
蒼「どうしたのさ薔薇水晶先生、やけに機嫌が良いじゃないか」
薔薇「うん。だってね、一時は人が居なくて失くなっちゃうかと思ってた教師スレが代管やみんなのおかげで
また活気が出てきたんだもん」
蒼「そうだね、これで携帯電話の人も雑談が出来るからもっと沢山人が来るかもね」
薔薇「でも…油断はできない、もうすぐ期末テストの時期だから」
蒼「確かに。この時期学生の書き込みが減っちゃうかもしれないね」
薔薇「私は教師だから…生徒のためにテストを作る、それが生徒のためなのは分かるんだけど
書き込みたくてたまらない生徒の自由を奪うのが悲しい…」
蒼「でもさ、そういう苦労を乗り越えることが出来ればきっと生徒は成長すると思うんだ。だからボク達にはボク達にしか
できないことをやろうよ」
薔薇「うん…生徒のために、このスレのために頑張る」

    だから私は書く…
    思いを込めてただひたむきに…
    自分にしか出来ないことを…
                   <保守>
    だから私は今日も保守をする…