ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 有栖学園のコンサート

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「年末、みんなで第九をやろう!!!」

「「「・・・・??」」」


にこにこと笑みを浮かべながら、まるで『今日はいい天気ですね』などと世間話でもするように。
ローゼンはさらりと言ってのけた。



なんてことない朝。
昨日までの雨が嘘のように、雲ひとつ無い空。

珍しく水銀燈が遅刻せず、翠星石と雛苺のケンカ(翠星石が一方的に悪いだけなのだが)も起こらず。
おだやかな、なんてことない一日が始まろうとしていた。・・・・いや、始まるはずだった。




「グッモーニンッ!!!みんな!!!」

突如として現れた、静けさの舞う職員室にはまるでふさわしくない人物。
そして、有栖学園から『日常』を奪い、『非日常』を与える張本人。


「おはようございます…ローゼン校長・・・」

長年の経験で直感したのだろう。あいさつを返す蒼星石の声にも、どこか不安が隠れている。

「どーしたの~みんな、元気ないねぇ~!! 今日は皆に重要なお知らせがあるっていうのに・・・」

*1 )

この人がかかわるとロクなことが無い。
重たい空気をものともせず、にこにこと笑うローゼンに対して、『一体今度は何を言い出すのだろう』と教師たちの表情は暗い。



誰もが(ただ一人を除いて)その気まずさに耐え切れなくなってきた時、ガラリと職員室のドアが開いた。
入ってきたのは、ホーリエを始めとする有栖学園の事務員達と、教頭のラプラスだ。

「おはようございます校長」

「大切なお話って何ですかぁ~??」

意味もわからず呼ばれてきたのだろう。しかし教師達と一様に、事務員達の表情には不安の色が浮かんでいる。
(はぁ・・・)と、事務員達の後ろで溜息をつくラプラス教頭。


「やぁ、みんな揃ったようだね」

ローゼンはぐるりと辺りを見回し、その場にいる全員が自分を見ていることを確かめると、その口を開いた。

「年末、みんなで第九をやろう!!!」

      • と。



―――――しばらくの沈黙。


教師達も、事務員達も何も言わない。
朝練習をする運動部の生徒達の威勢のいい掛け声も、学園の前の道を走る車の音も、朝を喜ぶ小鳥の鳴き声も。
まるで時が止まったかのような、無音。




「校長ぉ~・・・意味解らないんですけどぉ~」

最初にその沈黙を破ったのは水銀燈だった。
その気だるそうな声に、フリーズしていた他の教師、事務員たちの思考も動き出す。

「第九って・・・あのヴェートーヴェンが作曲した・・・?」

「交響曲第9番のことかしらー??」

「うゆ・・・あの家を建てたりする・・・」

「雛苺!!つまらないボケをするなですぅ!!」

打って変わって、騒がしくなる職員室。




「だから~、有栖学園のみんなで第九のコンサートをやろうって言ってるんだよ」

「コンサートって・・・あの・・大きなホールとかでお客さん集めて舞台の上でライト浴びて・・・」

「薔薇水晶先生、おちつくかしらー」

「本来はオーケストラ編成なんだけど、うちの学校にはそんなにたくさんバイオリンは無いからね、吹奏楽編成でいくよ あと合唱も入るからね」

「校長、それは吹奏楽部と合唱部がコンサートをするということですか?」

「ちがうちがう!!さっきから言ってるでしょ みんなで!! 教師、事務員、教頭含めた全員で第九を演奏するんだ」

「・・・・・・・・」


再びの沈黙。


未だ校長の言うことを理解しきれない教師、事務員達。
しかし一つだけ確実にわかっていることがあった。


『これからまた、非日常な日々が始まるのだ』と。