ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 空前絶後の姉妹喧嘩

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1・今回はテンション低めです。
女子B「大変です!雪華綺晶先生――!!」
雪華綺晶「ん?どうした?今、ポーションの100本一気飲みに挑戦しているのだか」
女子B「何故に一気飲み!?じゃなくって、大変なんです!コリンヌさんとオディールさんが喧嘩を始めて、大変なんです!!止めるのを手伝って下さい!」
雪華綺晶「ん~。あいつら姉妹の喧嘩はいつもの事だ!ほっとけ」
女子B「(な、何故だ・・・・・・・何か妙に、納得してしまうのは気のせいか・・・・・・?)はぁ・・・・・・・」

その2・止めるのも教師の務めです。
蒼星石(偶々、話を聞きました)「って、何で、止めないの!雪華綺晶!!彼女達は君の部活の生徒でしょ!?止めるのが、普通でしょ!!」
雪華綺晶「えー。あいつらの喧嘩って、なかなか。止められないんだよねーつーか、面倒」(棒読み)
蒼星石「面倒って・・・・・・・なら、僕が止めに行ってくるよ!」
雪華綺晶「あー。止めた方が良いよ~って、もう居ない・・・・・・・・」

その3・一方、喧嘩中の姉妹は
コリンヌ「このバカ妹!今日という今日は許さないわ!その罪、死をもって償いなさい!」
オディール「上等よ!毎日毎日、うるさいのよ!今日こそ、勝つ!」

(姉妹、教室で大喧嘩。他の生徒、非難してます。しかも、かなり揺れています)

蒼星石(教室前に立っています)「・・・・・・・・・僕、帰ってもいいかな?」
女子B「何、言っているんですか!?先生が止めてくれないと、一日中喧嘩しているんですよ!」
蒼星石「いや・・・・・・・(汗)だって、もの凄い音がしているんだけど・・・・・・」
女子B「そうですね」
蒼星石「それに、ガラスが次々と割れているんだけど・・・・・・・・・・」
女子B「そうですね」
蒼星石「気のせいかな?壁に亀裂が走っているんだけど・・・・・・・・・」
女子B「そうですね」
蒼星石「中から、爆音まで聞こえるんだけど・・・・・・・・・・・(大汗)」
女子B「一々、言わなくっても分かりますよ。それでは、1・2・3・4。頑張れ、先生!」(そう言って、蒼星石を教室にぶち込む)
蒼星石「ええええええええーーーーーーーっ!!」

その4・ことの始まり。4時間後、雪華綺晶が止めに入りました。

雪華綺晶「で、第25回目の姉妹喧嘩の原因は何だ?くだらない理由だったら、怒る」(まだ、棒読み)
コリンヌ(かなりの喧嘩だったのに、掠り傷で済みました)「実は・・・・・・・・」
オディール(同じく)「目玉焼きには、醤油かソース。どっちをかけるかって・・・・・・」
コリンヌ「私は醤油なのに・・・・・・・この妹は」
オディール「普通は、ソースですよね!」
コリンヌ「いいや!醤油だ!!ソースは外道だ!」
オディール「ソースだよ!!先生はどっちですか?」
雪華綺晶「馬鹿者!!そんな事で、一々喧嘩を始めるな!!」
二人「ゴメンなさい・・・・・・・・・」
雪華綺晶「普通は、マヨネーズだろ!!」
二人「えええええええええええっーーーーーーーーーーー!!」

その5・お疲れ様です
保健室で・・・・・・・・・

翠星石「そ・・・・・・・蒼星石・・・・・・・」
真紅「息をしていないわ・・・・・・・・・まるで、死んでいるようね・・・・・・」
水銀燈「死んでるのよ・・・・・・・・・・・こんなに、ボロボロになっているから・・・・・・・まるで、栽培マンの自爆で殺されたヤムチャねぇ・・・・・・・・」
翠星石「ち・・・・・違うですぅ!!それを言うなら、自爆してもナッパを倒せなかった餃子ですぅ!」
薔薇水晶「翠ちゃん、違うよ。この状態は、ヤムチャでしょ・・・・・・・・・それに、蒼ちゃん。生きているから。」

蒼星石「(ううう・・・・・・・身体が痛いよ~~~ああ、綺麗なお花畑だ・・・・・・・それに、お婆ちゃんが、手を振ってる・・・・・・・・・)」

その後。蒼星石は、1ヶ月間。入院しました。

ー終了ー