ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 翠星石の変装

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは夜の職員室。
僕と翠星石は、いつもの様に仕事をしていた。

「はぁ…」
「どうしたですか?蒼星石」
「いや、なんでもないよ…」

とは言ったけど、嘘だ。
正直言うと体の調子がよろしくない。

「顔色悪いですよ、蒼星石」
「そうかなあ…」

見た目にまで影響が出てるのか…。

「本当に大丈夫ですか?」

そしたら、翠星石が僕のおでこに手を当てた。

「あちっ!、蒼星石!熱があるですよ!なにがなんでもないですか」
「そうかなあ…」
「まだそんなこといってるですか。さぁ、とっとと家に帰るですよ」

そう言って、翠星石は僕の家まで付き添ってくれた。
バイクは学校に置いてきた。このまま乗ったら確実に事故りそうだったし。



「さぁ、用意もしたからとっとと寝ろですぅ」

翠星石はいろいろな用意をしてくれた。
まったく、持つべきものは友だなあと実感するよ。

ふと、ここで思う。
どこかで見た事ある光景のような気がしてならない。
なんだったっけ…。

「なにぼーっとつったっとるですか。早く寝ろですぅ」

翠星石に急かされて、僕はベッドに入った。

「じゃ、明日の朝に様子を見に来るですよ」

そう言って翠星石は帰っていった。

なんだったけなあ、どこかで…。

だけど、深く考えると頭が痛くなってきた。
結局、僕はその答えを見出すことなく眠りについた。





翌朝、翠星石は予告通り僕の家にやってきた。

「調子はどうですか?蒼星石」
「頭がガンガンするよ…」
「蒼星石は働きすぎなんですぅ。今日もゆっくり休めですぅ」

働きすぎか…、そうなのかも……

「あっ!」
「どうしたですか?蒼星石」

大変な事を思い出してしまった。
今日は大事な会合の日だ…。

これか…、昨日感じた、どこかで見た事ある光景は…。

「実は…、今日は大事な会合の日なんだ…」
「それは大変じゃねぇですか!」
「だから行ってくるよ、歩く事ぐらいはできると思うし…」
「だめです」
「へ?」
「だめですよ、蒼星石は病人なんです。今日は一日ゆっくり休めです。もし蒼星石の身に何かがあったら…」

翠星石……

「……そうだね、たまには休まなきゃだめだよね。わかったよ、電話を…」
「待つです」
「へ?」
「変わりに翠星石が行くです」
「…へ?」
「大事な会合なんですよね、ならば休むわけにはいかねぇです」

いきなり何を言い出すかと思えば…。

「このまえの借りがあるですぅ、今日は翠星石が蒼星石の変装をするですぅ」

…ハハハ、まったく翠星石は……

「だめに決まってるじゃないかあ!」
「ううっ、そんな大声出すなです…」
「いいよ、やっぱり電話するよ…」
「ちょーっと待ったですぅ!」

次は何なんだろう…。

そう言って、髪の毛をいじり始めた翠星石。
そして、床に落ちる髪の毛。


……髪の毛!?


僕の目の前には…、つるっ禿げ…もといスキンヘッドの翠星石の姿が……


「ええええええええええええっ!!!」


「まったく、大声を出すなですぅ…。今まで黙ってましたけど、これが翠星石の本当の姿ですぅ」

……ええっと、その、これは…、いったい…。

僕があっけに取られている間に、翠星石は僕の服に着替え始めた。
そして、カラーコンタクトを着け、カツラを被った翠星石。

「どうですか、これなら問題ないですよ♪」

そこには、声を除けば僕と瓜二つの翠星石の姿が……。

「では、行ってくるですよ♪蒼星石はゆっくり休んでるですよ♪」

そう言って、部屋を出て行ってしまった翠星石…。

「……」

しばらく、僕はその場に固まっていた。

えっと…、まずは状況を整理しなくちゃ…。
昨日僕は体の調子が悪くて…、翠星石に連れられて部屋まで帰ってきて…、
朝、会合の存在に気付いて…、そしたら翠星石が……


「ええええええええええええっ!!!」


またもや声を上げてしまった…。

そうだ…、翠星石がカツ、カツ、カツラを……


「ええええええええええええっ!!!」


……。
もうやめよう…、深く考えるのは…。

そして、僕はベッドに入る。全てを忘れたいが為に…。










『そ……い…き』

……。

『そうせ…せき』

……。

『蒼星石!』

誰かに呼ばれた声がして、僕は少し起きる。

「蒼星石!」

目の前には、翠星石と雛苺先生の姿が。

あれ…、僕の部屋にいたような…、でもここは職員室…。

僕は、さっきまでの記憶を取り戻す。

「ちょ、いきなり何をするですか」

僕は翠星石の髪の毛をいじる。
…何も問題ないようだ。

「ふぅ」
「なにが『ふぅ』ですか」

夢…か。

「何ニヤニヤしてるですか。おかしくなったですか」
「おかしくなったの~」

「…なんでもないよ、フフ」

ふぅ…、夢でよかった…。
しかし、職員室で居眠りとは、僕も疲れてるのかなあ…。

「まぁいいです、ほれ、飯食いに行くですよ」
「行くの行くの~」

「うん、今行くよ」

フフ、我ながらへんてこな夢だったなあ。

「またニヤニヤしてるです。何があったですか」
「なにがあったの~?」

「なんでもないよ」



そう、なんでもない夢。



「もったいぶるなですぅ」
「なの~」
「フフ、実はね―」



もう一回見るのは御免だけどね。