ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 蒼星石の体育の授業

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1・水銀燈は脱走した為、居ません。

蒼星石「これから、武術の訓練をするね。全員、武器を持て」
巴「先生、この時間は体育の授業のはずです。あと、この槍や刀は何ですか?」
蒼星石「安心して、それは模造刀だから。刃はついていないけど、当たれば痛いかな?」
ジュン「いや、これ硬いし重いし、当たったら痛いどころじゃすまないと思うんですけど・・・・」
蒼星石「ならば当たらないように、かわし続ければ良いよ。では、訓練始め!」
めぐ「訓練?授業じゃなくて?」
蒼星石「戦わなければ生き残れない!僕が通っている隣町の拳法道場では初心者レベルの稽古だ。死力を尽くして戦えー!」 (気合が入ってます)
生徒一同「出来るかーーーーーーーーっ!」

その2・生徒一同VS蒼星石だったのですか・・・・・・・・

ローゼン「んで、結局。興奮しちゃって、暴走。そのせいで、生徒を一人残らず病院送りしちゃったわけね」
蒼星石「すみません・・・・・・・・・・全員分の治療費は僕が払います・・・・・・」
ローゼン「いや~。そうしてくれるのは嬉しいんだけど~生徒達の親から「このくらいで、怪我をする子供が悪い!」「うちの子は、このくらいで怪我をするようじゃ~ダメだ!もっと鍛えて下さい!!」「なので、治療費は要りません!」
って、そう言う事だから。銀ちゃんが戻るまで、君が体育の授業をやって~」

その3・1週間後。水銀燈は、雪華綺晶・薔薇水晶・メイメイの3方に捕まって、戻ってきました。
水銀燈「蒼星石―――――――!!」
蒼星石「えっ?なに??」
水銀燈「私が居ない間に、何を教えたのよ!?皆、泣きながら「僕達!どんな事があっても、水銀燈先生について行きます!!」「私達も!!水銀燈先生の体育が一番です!!蒼星石先生の体育は、悪夢です!」って!?」
蒼星石「普通だよ。武術訓練の後に20kmのランニングとヒンズースクワットを50回をやらせた程度で、筋肉痛でバテるとは。僕が毎日やっている事なのに~」
水銀燈「それの何処が、普通だぁーーーーーーー!!」

このことで、蒼星石の人気はちょっとダウン。水銀燈の人気はアップしたと言う・・・・

ー終了ー