ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 絞首刑、落下

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雪「……また、落ちたのね……」
俺「……うぐっ……ぐあああああっ、何故だ何故だあああああっ……く、くそぅ……くそぅっ!!」
雪「……泣かないで……あなたには、私がいつも付いているから……ほら、今回だって、ちゃんと準備を済ませておいたよ……?」
俺「へ?」
雪「……また、吊らなくちゃならないんでしょう……?」
俺「い、いや、今回は俺が吊らなくちゃならない必然性は、何も……」
雪「……吊らないの……?」
  上目遣いで見上げてくる彼女の表情が、かすかに曇った。
雪「……ぐずっ……せっかく準備したのに……吊ってくれないの……?」
  彼女のまなじりに大粒の真珠が浮かび、ぽろりと頬を伝った。
  俺は、がっくりとうなだれ、覚悟を決めてロープに手を掛けた。
  ガタン。
  ああ、これで何度目になるだろう。累々と涙を流しつつ、俺の意識は遠のいていった。



他の職人が続けた物
もう一人の殉職者