ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 雛苺と巴

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛苺「ともえー」
巴「あ、雛苺先生」
 巴の場所まで、雛苺は走ってくる。
雛苺「これから、部活なのー?」
巴「はい、大会が近いので」
雛苺「そっかー、がんばってー!」
巴「はい。って、雛苺先生。アナタが顧問じゃないですか」
 まるで他人事の様に言う雛苺にそう告げる巴。
雛苺「はぇ? ………ぁ、そうだったの」
巴「もしかして忘れてました?」
雛苺「えっとーそのー……あは」
 笑顔でごまかそうとする雛苺。
巴「……雛苺先生、一緒に部活に行きましょうか。皆に、こってり絞ってもらいましょう」
雛苺「いやなのー! ともえー離してー!」
巴「そんな、雛苺先生。顧問なんですから、皆と練習するのは当然の義務ですよ?」
雛苺「うわぁーん!」
 ともえに抱きかかえられて、部活の練習場まで連れて行かれる雛苺だった。