ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 移動番外編、雪華綺晶の生活指導

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

赴任した日、職員室にて教員達は校長と職員会議をしていた。
校長「ここの学校は少々不良生徒が多くて皆さん困っておられると思います。
   そこで、生活指導の先生を一人用意していただきたいのですが・・・」
水銀燈「あらぁ、それなら雪華綺晶が適任じゃない?」
校長「おお、そうですか。では雪華綺晶先生でよろしいですか?」
雪華綺晶「私ですか?分かりました。」
翠星石「かなりタチの悪い奴も居るみたいですし、少々手荒にやってもいいと思うですぅ。ヒッヒッヒ・・・」
校長「?」
こうして、雪華綺晶が生活指導の先生を兼任する事となった。

そしてホームルーム・・・
男子A「おい、なんか今日から生活指導の先生ができるらしいぜ?」
女子B「マジで~。糞じゃん?」
男子E「先公なんて適当にあしらっておけばいいよ」

そのとき、教室のドアが開いた。

雪華綺晶「私が生活指導の教師を兼任する雪華綺晶だ。
     話しかけられた時以外は口を開くな。
     分かったか?」
男子F「はぁ~?わかるわけねぇじゃん?」
それを聞き、つかつかと男子Fの方に歩いていき、目の前で立ち止まる雪華綺晶。
男子F「な、なんだよ・・・ぐあ!」
男子Fの腹に雪華綺晶のアッパーが炸裂する。
雪華綺晶「ふざけるな!これから一週間私の言う事はすべて守れ!分かったかウジ虫!」
あまりの迫力にシーンと静まる教室。
雪華綺晶「分かったかと聞いている!」
男子F「わ、わかりました・・・」
雪華綺晶「ふざけるな!大声だせ!タマ落としたか?!」
男子F「わかりました!」
思わず声を張り上げる不良生徒。
雪華綺晶「これから一週間、私が貴様等の軟弱な精神を叩きなおす事になった。
     それまではお前等皆ウジ虫だ!地球上で最下等の生命体だ!
     貴様等は人間ではないと思え!両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!
     貴様らは厳しい私を嫌う。
     だが憎めば、それだけ学ぶ。
     私は厳しいが公平だ。人種差別は許さん!
     黒豚、ユダ豚、チャンコロ、露助を、私は見下さん。
     すべて――― 平等に価値がない!
     私の使命は役立たずを刈り取ることだ
     この学園の害虫を!

     分かったかウジ虫!」
生徒一同「わ、わかりました!」
雪華綺晶「ふざけるな!大声出せ!」
生徒一同「分かりました!先生!」ガクガクブルブル

男子H(くそーマジかよ・・・めちゃくちゃこえーじゃん・・・)ボソッ
雪華綺晶「誰だ! どのクソだ!
     アカの手先のおフェラ豚め!
     ぶっ殺されたいか!?

     …答え無しか?

     魔法使いのババアか!
     上出来だ、頭が死ぬほどファックするまでシゴいてやる!
     ケツの穴でミルクを飲むようになるまでシゴき倒す!」

適当に辺りを男子Hの隣に居た男子Aに目を付ける雪華綺晶。
雪華綺晶「生贄だ。貴様か?腐れマラは?」
男子A「い、いえ!違います!」
雪華綺晶「クソガキが!貴様が腐れマラだ!」
男子A「いいえ!違いますって!」

男子H「お、俺です!先生!」
雪華綺晶「そっちのクソか・・・勇気があるな、正直なのは関心だ。気に入った。」
思わず胸を撫で下ろす男子H。
そのとき、雪華綺晶は男子Hの腹に鉄拳を打ち込んだ。
雪華綺晶「スキン小僧が!じっくりかわいがってやる!
     泣いたり笑ったり出来なくしてやる!さっさと立て!
     隠れてマスかいてみろ!クビ切り落としてクソ流し込むぞ!」
男子H「うぐぅ!」
雪華綺晶「お前、帰ったらいつも何してる?暴走族の臭いがするな。」
男子H「ぼ、暴走族です・・・」
雪華綺晶「なぜ暴走族になった?」
男子H「け、喧嘩するためです・・・」
雪華綺晶「正直だな。殺し屋志願か。」
男子H「・・・」
雪華綺晶「戦争の顔をしてみろ!」
男子H「え?」
雪華綺晶「殺す時の顔だ!これが殺しの顔だ!やってみろ!」
男子H「uorrhhh!」
雪華綺晶「ふざけるな、それで殺せるか!気合いを入れろ!」
男子H「uorrhhh!!」
雪華綺晶「迫力なし。練習しとけ。」

教壇の方に歩いていこうとして、再び振り返る雪華綺晶。
雪華綺晶「貴様の言い訳は?」
男子H「い、言い訳ですか?」
雪華綺晶「アホに質問するのは私の役目だ!」
男子H「い、言い訳は無いです!」
雪華綺晶「続けてもよろしいかな?」
男子H「は、はい!」
雪華綺晶「貴様、身長は?」
男子H「ひゃ、185cmです。」
雪華綺晶「まるで聳え立つクソだ!サバ読んでるのか?」
男子H「い、いいえ!」
雪華綺晶「ふざけるな! パパの精液がシーツのシミになり、ママの割れ目に残ったカスがおまえだ!
     カマを掘るだけ掘って、相手のマスかきを手伝う外交儀礼もないやつめ きっちり見張るぞ!」

再び教壇の方に歩いていき、あたりを適当に見回す雪華綺晶。
雪華綺晶「貴様、何をニヤついている?」
男子S「え?俺?」
雪華綺晶「貴様だ!デブ!おまえの顔を見たら嫌になる! 現代美術の醜さだ!
     名前はデブか?」
男子S「い、いいえ!Sです!」
雪華綺晶「は!オカマみたいな名前だな!貴様もチンポ吸うんだろ!おフェラ豚が!」
男子S「い、いいえ!」
雪華綺晶「ならホースでゴルフボールを吸い込む口か?」
男子S「いいえ!」
雪華綺晶「名前が気に食わん。これから微笑みピザと呼んでやる。
     おかしいか?ピザデブ!」
男子S「いいえ!」
雪華綺晶「その胸クソ悪い笑みを消せ!早く顔面に伝えろ!」
男子S「が、頑張ってます!」
雪華綺晶「ピザデブ、三秒やる。三秒だ、マヌケ!
     アホ面を続ける気なら目玉えぐって頭ガイ骨でファックしてやる!
     アイン!ツヴァイ!ドライ! 」
男子S「わ、分かりません!先生!」
雪華綺晶「ふざけるな! ひざまづけ、クズ肉!」
男子Sを足蹴にする雪華綺晶。男子Sの体がイスから落ちる。
雪華綺晶「自ら首を絞めろ!」
雪華綺晶が手を出す。自分の両手で首を絞めようとする男子S。
雪華綺晶「私の手を使え、ボケ!」
雪華綺晶の手を掴もうとする男子S。
雪華綺晶「誰が手を引っ張れと言った?ドアホ!自ら首を絞めろ!」
出した手に寄りかかり体重をかける男子S。

雪華綺晶「笑うのをやめたくなったか?」
男子S「は、はい・・・」
雪華綺晶「ふざけるな!聞こえんぞ!」
男子S「は、はい!」
雪華綺晶「大声出せ!タマ落としたか?!」
男子S「はい!」
雪華綺晶「よし、起立!ケツの穴を引き締めろ!ダイヤのクソをひねり出せ!さもないとクソ地獄だ! 」

女子F「い、いやぁぁぁぁぁぁ!」
いきなり立ち上がり、教室の外に飛び出していく女子F。
雪華綺晶「っは!腰抜けめ!」
腰からリボルバーの拳銃「コルト・アナコンダ」を抜く雪華綺晶。44マグナム用薬莢とチョークを組み合わせた弾丸を装填する。
雪華綺晶「逃げる生徒は馬鹿な不良だ!逃げない生徒はよく訓練された馬鹿な不良だ!」
女子生徒に向けて発砲する。ガツンという音と共にチョーク砕けて倒れる女子生徒。
雪華綺晶「逃げ出すとこういう事になる。分かったか臆病マラ共!」
生徒一同(ガクガクブルブル)

雪華綺晶「貴様等はこれから一週間トイレ掃除だ!分かったか!」

こうして、生徒達にとって忘れられない地獄の一週間が始まった・・・