ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki アリとキリギリス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

翠星石「きぃぃぃぃぃ!!何で、そこでキングが出てくるですか!?」
水銀燈「ふふ…切り札は最後にとっておくものよぉ…♪さ、2人とも出すもの出しなさぁい♪」
その日、水銀燈と翠星石と雛苺は、ラウンジで『賭け大貧民』をやっていた。
無論、賭けるものはお金…。そして1位が決まった時点で、後は残りの枚数で優劣が決められる仕組みとなっていた。
ちなみに、言い出したのはもちろん水銀燈…。「そのほうが面白いじゃなぁい♪それに、私から逃げるのぉ?弱虫ねぇ…♪」と言う口車に、2人はまんまと騙されたというわけだ。


雛苺「うー…1000円札さん…バイバイなのー…」
翠星石「チビチビはまだいいですぅ!!何で、翠星石は5000円なんですか!?チビ苺に負けるなんてありえないですぅ!!もう一回勝負ですぅ!!」
水銀燈「願ってもないわぁ♪いいわよぉ、お馬鹿さぁん…♪」
2人から受け取ったお金を財布にしまいながら、上機嫌で勝負に応じる水銀燈。
その一部始終を見て、ある者が後ろから声をかけた。
薔薇水晶「…銀ちゃん…。そんなところで一体何をやっているの!?」
それは、薔薇水晶がようやく学校になじみ、その姉である雪華綺晶も学校に赴任してきた頃の出来事だった。


薔薇水晶「…皆さんは教師であるにもかかわらず、こんな事をして良いと思ってるんですか!?」
不良教師3人に対し、お説教を開始する薔薇水晶。
しかし、主犯の水銀燈は頬杖をつきながら、その話を聞いていた。
薔薇水晶「銀ちゃん、聞いてるの?早く、みんなにお金を返してあげて…!」
水銀燈「やぁよ。大体、これはみんなで話し合って決めたことなのよぉ?あなたに、とやかく言われる筋合いは無いわぁ…」
薔薇水晶「だめ。それに、銀ちゃんはお金を全然大事に扱ってないじゃない…。お金は、もっと大事に使わなきゃいけないんだよ…?」
あくびをしながら話を聞く水銀燈に、薔薇水晶はさらに話を続ける。
薔薇水晶「大体、銀ちゃんはいつもお金を無駄に使いすぎだよ…!そんなことじゃ、今にお金がなくなって乞食みたいな生活をおくる羽目に…」
水銀燈「…言ったわね?」
そう言うと、水銀燈は薔薇水晶をにらみつけ、どこかへ去ってしまった。
「ちょっと待ってなさい…!」という言葉と共に…


そしてそれから30分後、校舎の外からけたたましいクラクションの音がした。
何事かと外を見ると、そこにはいつもの黒のコルベットではなく、銀色の平べったい車を従えた水銀燈の姿があった。
水銀燈「どぉ…?凄いでしょう…これ…♪」
そう、それはスーパーカーの代名詞、ランボルギーニ・ディアブロ…。
以前ある男を騙して買わせたものなのだが、それは持ち主である水銀燈でさえも、乗り回すのを控えるほどの存在だった。
しかし、それを見せられた薔薇水晶は、後からやってきた雪華綺晶にこんなことを尋ねた。


薔薇水晶「姉さん…。私、車には詳しくないんだけど…あの車、そんなに凄いの?」
雪華綺晶「うん…。家が買えるぐらい…。」
その言葉に、薔薇水晶は思わず卒倒しそうになる。
そして、そんな薔薇水晶を見て、水銀燈は高笑いを浮かべてこう言った。
水銀燈「見なさい、薔薇水晶!!これがあなたと私の力の差よ!!あなたなんかじゃ、こんな車一生かかっても買えないでしょうね!!ばぁーかッ!!」
先ほど『乞食になる』と言われた事に対し、これでもかと言うぐらい薔薇水晶を罵倒する水銀燈。
しかし、彼女はまだ気がついていなかった…。 この愚行が、のちのち大変な事態を招くということに…。
だが、そんな過酷な運命を知るものはこの場に誰もおらず、今はただ、車のエンジン音と水銀燈の高笑いだけが校舎に響き渡っていた。