ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 魔のドライブ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その1:免許・・・・・・持っている?

水銀燈「ええ。持っているわよ」
雪華綺晶「うん。車の他にも、戦車やヘリコプターの免許も」
金糸雀「今、勉強中かしらー」
雛苺「持っているのー」
真紅「ええ。同然よ」
翠星石「持ってないですぅ~けど、蒼星石がドライブに誘ってくれるですぅ~」
薔薇水晶「持ってない」
くんくん「持っています」
ラプラス「持っていますが、ペーパードライバーですがね」
蒼星石「持っているよ~あの時は、危うく。試験官を殺そうとしたけど。ハハハハ~」
一同「笑えないよ!それに、冗談に聞こえないよ!」
蒼星石「だって、実話だもんv」
ローゼン「えっ!!?免許持ってないと、車を運転できないの!?・・・今まで乗っていたけど・・・・。それに今度、薔薇ちゃんとドライブに行く予定だったんだけどなぁ~」
一同「んな訳ねぇーだろ!!さっさと取って来い!!」

その2:絶対に初心者マークの似合わない人達
アレから、三日後・・・・・

ローゼン「じゃーん!免許とって来ました~これで、堂々と運転出来ます~」
めぐ「同じく、私も取りました~」
一同「アレから短時間で、取れるのは早いよ!そして、校長は兎も角。めぐちゃんも取るの早いよ!!」
めぐ「ええ~前に水銀燈先生が教えてくれた方法で、取りました」
水銀燈「あー。確か・・・・・試験官を誘惑して、「免許、ぶん取り作戦」だったわね~」
薔薇水晶「銀ちゃん・・・・」(お怒りマーク)
水銀燈「ははははは~~~」(滝汗)
ローゼン「と、そう言う訳で。今日からは安全第一、制限速度や標識をきちんと守って走るぞ~」
めぐ「おぉー!」
真紅「・・・・・・・・・無理な人、手上げて」
一同(偶然にも、ジュンと巴も一緒に)(薔薇水晶は上げてません)「は~い」
ローゼン「ハハハハ~校長権限、発動!!君達を最高なドライブに、連れてってあげよう!!」
めぐ「同じく、最高のドライブに連れてってあげまーすvv」
一同「し、しまった!!相手が校長だって事を忘れてた!!それに、めぐちゃんも乗り気!?」
薔薇水晶「みんな・・・・・・前から言いたかったけど、命を粗末にしちゃダメだよ・・・・」

その3:・・・・・・・・・地獄へようこそ?
ローゼン組
真紅・翠星石・雪華綺晶・薔薇水晶・ジュン
めぐ組
水銀燈・蒼星石・巴・雛苺・金糸雀
っと、ローゼン組とめぐ組っと、分かれました
それから、日曜日・・・・・・・

ジュン「ぐっ・・・・・たまたまあの場に居たばかりに、地獄への片道切符を買ってしまった・・・」
翠星石「ぎゃーぎゃー言うなですぅ!私だって、蒼星石と一緒なら良かったのに・・・・・」
薔薇水晶「二人とも・・・・楽しく・・・・ね?」
二人「あんたは、馬鹿校長と一緒なら、地獄でも良いんだろ!?」
薔薇水晶「うん」(速答)
雪華綺晶「けど、覚悟を決めた方が良い」
真紅「そうね・・・・・・・」
ローゼン「みんな~これは、普通のドライブだよ~楽しくね」

数時間後・・・・・・・・・・
ジュン「なぁ・・・・・・さっき、普通のドライブだって・・・言ってたよな」
真紅「・・・・・・ええ・・・・・・言ってたわ」
ジュン「何で、後ろに。白バイとパトカーに追われているんだ?」
薔薇水晶「そういえば、さっき・・・・・ナンバープレートを変えていたよね?」
ローゼン「いや~あの番号好きじゃないんだ~だから、変えたんだ」
一同「・・・・・・・・・・・・・・」
ローゼン「ねぇ~雪華綺晶ちゃん~。何だ、後ろがうるさいから。黙らせてくれる~?」
雪華綺晶「ほーい」

と、言って。何処からか、ミサイルランチャーを取り出し。白バイとパトカーに撃った。爆音は響き・・・・・・道路は真っ赤な炎が、炎上した。

一同「(ガクガク・・・・ブルブル)」
ローゼン「よーしっ!静かになったし。本気で飛ばすぞぉぉ~~~~~~!!」
雪華綺晶「アハハハハ~どんどん、飛ばせぇ~~~」(ノッてきた。しかも、笑顔)
一同「うがぁぁぁーーーーー!!止めてくれ!!」

その4:到着~
一同「・・・・・・・・・・・・・・・」
ローゼン「ん?何だか、皆暗いよ~?」
雪華綺晶「そうだよ。皆、表情暗いよ~」(満面の笑顔)
薔薇水晶「ねぇ・・・・・・一つ聞いても良い?」
ローゼン「なんだい?」
薔薇水晶「ここ何処?」

周りには、木・木・木・木・・・・・・・・・鳥の鳴き声と、野獣の唸り声も・・・・・・

ローゼン「さぁー分からないなぁ~~けど、海を超えてないから、日本の何処かでしょう~」
雪華綺晶「あー昔を思い出すな~アフリカで訓練していた時、背後からライオンに、襲われたっけ~」
翠星石「市販の車で、こんな森の奥に入り込むとは、ある意味。尊敬するですぅ!」
真・ジュン・翠「そんでもって、私(俺)達。帰れるのかよ!!」
ローゼン「・・・・・・・・・・」
真・ジュン・翠「黙るなぁぁぁーーーーーーーーー!!」

その5:いやぁ~~~!!
何だかんだで、森から脱出し。その次の日

ジュン「なぁ・・・柏葉。昨日のドライブは、どうだったんだ?」
巴「実は・・・・・・・・・はっ!?い・・・・・・」
ジュン「い?」
巴「いいい・・・・いや・・・・・・やめて・・・・海が・・・・・・刀が・・・・・・・・いやぁぁぁ~~~~~!!」
ジュン「って、おい!?柏葉!!落ち着けって!?」

ー終了ー