ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 仮眠

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

蒼星石「ふぁ~~~・・・」
翠星石「ん、蒼星石あくびなんてして疲れてるんですか?」
蒼星石「う?うん。入学式の準備やら新入生のことやらでちょっとね・・・」
翠星石「っむ!蒼星石はいっつも働きすぎですぅ!たまにはちゃんと休みやがれですぅ」
蒼星石「そうかな・・・?それに今が忙しい時期なんだからちゃんとやらないと・・・」
翠星石「それでぶっ倒れちまったら関係ねぇです。さっさと寝てくるですぅ」
そう言って翠星石は蒼星石の背中を押して仮眠室の前まで押しやる
蒼星石「でも・・・・」
翠星石「さぁ、さぁ、さぁ」
聞く耳持たず促す翠星石
蒼星石「じゃぁ、少しだけ・・・・・。ありがと」
翠星石「なっ!?べ、別に途中で蒼星石にぶっ倒れられたら困るからしてるだけですぅ!!!(赤面)」
蒼星石「でも、ありがとね。」
微笑みながらもう一度、蒼星石は言う
翠星石「・・・・・・(赤面)」

                                                            了




蒼星石「す~・・・す~・・・zzz」
翠星石「蒼星石はちゃんと寝てるですね。・・・・少しぐらい蒼星石の分もやっておくですか」