ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 真紅と昼寝とイタズラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

真紅「ふぁぁ…流石に、お昼になると眠いわね…」
翠星石「大丈夫ですかぁ~?そーいう時は、一回昼寝したほうがスッキリするですぅ。」
ラウンジで食事を取った後、そんな話をする真紅と翠星石。
真紅「…そうね。少しの間、保健室で昼寝してくるわ。もし、午後の授業の開始前までに起きなかったら、起こしに来て頂戴。」
「了解ですぅ」と翠星石。
こうして、重い足取りで保健室に向かった真紅。幸い、保健室には誰もいないようだ。
真紅「…全く、ここもしばらく見ないうちに、酷い事になってるわね…。」
見るとそこは、水銀燈の私物で溢れかえっていた。
いつも昼寝や仮眠の際に使っているうちに、さらに快適な睡眠環境づくりを追求したようで、アロマグッツや、冷温庫、そして、ご丁寧にベッドの上には『予約席』のプレートまで置いてある。
「…まあいい、後で持って帰らせよう」と思いながら、布団に入る真紅。よほど眠たかったのか、ものの数秒で彼女は眠りに落ちてしまった。


布団の中で、まどろむ真紅。そこへ突然、「ガラッ」という音が聞こえてきた。
どうやら、誰かが保健室に入ってきたようだ。
何か言われれば出て行けばいいと思っていた真紅だったが、その来訪者はいきなり真紅の顔を触りだした。
真紅「な、何する…痛っ…いだだだだだだ!!」
突如、目の周りに走る激痛。その痛みのせいで、思うように目も開かない。
どうやら、メンソレータムか何かを顔中に塗られたらしい。
うめきながら、手探りで水道の蛇口を探す真紅。
しかし、やっと目が開けられる状態になったときには、もう犯人の姿はなかった。


真紅「翠星石ぃ!!」
怒鳴り声と共に、職員室のドアを開ける真紅。そこにいた全員がすくみあがる。
翠星石「な、何ですか!?」
真紅「あなた、また私にくだらない事をしてくれたようね…!おかげでこの通り、目も真っ赤になってしまったわ!!」
翠星石「お、落ち着くですぅ!!いったい何の話ですか!?」
真紅「とぼけないで!!あなた、また私にくだらない悪戯を仕掛けたでしょう!?」
翠星石「ちょ、ちょっと待ちやがれですぅ!翠星石は、あれからずっとチビ共と一緒にいたですよ!?何でもかんでも、翠星石のせいにするなですぅ!!」
金糸雀「そ、そうかしらー!翠星石は無実かしらー!」
真紅「じゃあ、水銀燈!あなたの仕業ね!!」
水銀燈「あらぁ…残念。私もこの3人と一緒にいたのよぉ。水泳部の部室でねぇ…。」
話を聞くと、どうやら翠星石、金糸雀、雛苺、そして水銀燈の4人は、水銀燈が受け持つ水泳部の部室で一緒に遊んでいたらしい。だから、無実であると主張する。


真紅「おかしいわね…これじゃあ容疑者がいなくなってしまうわ…。」
翠星石「どういう意味ですか!?大体、こーいうのは最も犯人じゃないっぽい奴が、犯人ってのがセオリーです!ということは…蒼星石!おめー、なんて事しやがるですか!?」
蒼星石「ちょ、ちょっと待ってよ!!僕だって、ずっと教室で生徒と話をしてたよ!?」
翠星石「じゃあ、薔薇水晶!おめーが犯人ですね!?」
薔薇水晶「わ…私も、放送部の顧問として放送室で生徒と…」
翠星石「雪華綺晶は!?」
雪華綺晶「…戦車、整備してた。」
翠星石「それを証明できる人は!?」
雪華綺晶「…いない。」
翠星石「見つけたですぅ!こいつが犯人ですぅ!!」
そう高らかに宣言し、雪華綺晶を指差す翠星石。言われた雪華綺晶は、「違う…」と泣きそうな目をして訴える。
翠星石「う…泣くなですぅ…。泣けば許してもらえると思ったら、大間違いですぅ。」
水銀燈「ちょっとぉ…。雪華綺晶は、本当に無実かもしれないわよぉ…。もしかしたら、ラプラスや校長、それに生徒たちの誰かかも…」
真紅「…違うわ。犯人は、この中にいる…!!」
『名探偵くんくん』を毎日欠かさず見る彼女は、そう断言した。


翠星石「ど…どういうことですぅ?」
真紅「私の勘だけど、多分犯行に使われたのは『メンソレータム』か『タイガーバーム』みたいな薬品だと思うの。でも、保健室でそれを探してから犯行が起こったわけではなかったから、計画的犯行だと考えられるわ。」
翠星石「そ、それがどうかしたですか?」
真紅「…でも、私に隙が出来るまで待つのは、自分で言うのもなんだけど結構骨が折れる事だと思うのよ。
と言うことは、普段からこれらの薬品を常備しているもの…もしくは、『今日、私が確実に保健室で寝る』という事を知る者でなければ、犯行は不可能…。
つまり、男がこういうことすると言うのは、まず考えられないと思うの。」
薔薇水晶「なるほど…」
真紅「加えて、生徒がこんな事するとは到底考えられない…」
蒼星石「…確かに、そんな度胸は無いだろうね…」
真紅「雛苺、あなた達の…」
雛苺「ヒ、ヒナじゃないもん!!翠星石がごはんに睡眠薬混ぜて、水銀燈が塗りに行っただけだもん!!ヒナと金糸雀はアリバイ作ってくれって言われただけだもん!!」
何を勘違いしたのか、勝手に犯行の自供を始める雛苺。あまりの展開に、皆言葉も出ない。
が、次の瞬間、水銀燈、金糸雀、そして翠星石はクモの子を散らすように逃げ出していき、それぞれの『天敵』がそれを追いかける。
薔薇水晶「銀ちゃん…!」
真紅「金糸雀!待ちなさい!!」
蒼星石「翠星石!君って人は!!」
…結局、勝負は一瞬で決まり、犯人たちはみな職員室に連れ戻されていった。


翠星石「ひぃぃぃぃぃ…!!他の3人はお説教と反省文だけで済んだのに、こんなの不公平ですぅ!!もうしないから、許しやがれですぅ…!!」
ヘリから宙吊りにされ泣きわめく、今回の事件の首謀者、翠星石。
いつも自分だけでやると結局ばれてしまい面白く無いので、今度はみんなで…というのが、今回仲間を募った理由らしい。
そんな、一向に反省の見られない行動、そして皆に罪をなすりつけようとしたこと等から判断した結果、情状酌量の余地無しとして、雪華綺晶により今回のお仕置きが実行されたというわけだ。
宙吊りにされた翠星石の耳に、無線越しに雪華綺晶から温かい激励の言葉が聞こえてくる。
雪華綺晶「…泣けば許してもらえると思ったら大間違いだって、自分でも言ってたよね…?」
翠星石「こ、今回は特例ですぅ…!!もう、しませんからぁ…!!」
雪華綺晶「…じゃあ次は特例で、地上すれすれを飛ぶからね…。足縮めて無いと、大怪我するかもしれないけど…。」
その言葉に、なおいっそうの悲鳴をあげる翠星石。
その後、生きて地上に降りられた時は流石に、「もう、イタズラなんかやめようかなぁ…」と思ったそうな。


おしまい。