ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 進路相談:雛苺の場合

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「しーんろは、どーするの?」
「うぇ? いきなりなんすか?」
 昼ごはんを食べていた▲▲は、行き成りそう声かけられて箸をとめる。
「しんろ!」
「ちょ、まってくださいよぉ。行き成り言われても」
「むー!」
「むーじゃないっすよぉ~」
 頬を膨らませて▲▲を見る雛苺に、苦笑するしかない▲▲。
「そうっすねぇ……幼稚園の先生なんていいと思ってます」
「おーなの! がんばれーなのぉー!」
「そりゃ、がんばりますよ~?」
 そう言って、笑みを浮かべる▲▲だったが……
「これ、もーらい! なの!」
「あぁ!? 後に残しておいた苺!?」
「雛に苺を見せたのが最後なのよ!」
「裏切ったな! 父さんと同じで僕を裏切ったな!?」
「? 別に裏切ってないの」
「……このネタしらねぇ人にはつかえねぇな」
 美味しそうに苺を食べる雛苺を見て、そうため息をつきつつ。
笑顔を浮かべて、本当に美味しそうに苺を食べる雛苺を見てまぁいいか。と思った。