ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 翠星石と花壇

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昼休みの中庭。多くの生徒たちが憩いの場として利用する。
爽やかな陽光と、優しい風が吹き込む人気スポットである。わざわざここで昼飯を食べる生徒も少なくない。
あまりに心地良く、昼寝をしてしまい午後の授業に遅刻する生徒さえいる。
「おい昨日のテレビ見たかよ?」
「あぁあれだろあれ。かなり面白かったよなぁ」
2人の生徒が花壇に腰を下ろして談笑していた。
「おいあれ、翠星石先生じゃね?」
一人の生徒が指差す先には、確かに翠星石がいた。手には弁当を持っていた。
翠星石も昼の陽気に誘われ中庭で昼食をとろうとしていたらしい。
「呼んでみようぜ?おかずもらえるかも」
「いいねぇ。おーい!翠星石先生―!」
翠星石に対して手を振って呼びかける。その声に気付いた翠星石が、生徒のほうを向いた。
「お、気付いた」
「一緒に弁当食いませんかー?」
一直線に生徒たちの方へ歩いてくる。しかしそこには一切の笑顔は無く、むしろ険しい表情をしていた。
「おい、なんか怒ってねぇか?」
「ほ、本当だ…」
大股でズンズンと歩み寄ってきた翠星石は、生徒たちの前に来るなり思い切り二人の頭を叩いた。
中庭に乾いた心地良い音が響いた。
「痛ったー!!」
「な、なにするんですか翠星石先生!?」
翠「なにするんですかじゃねーです!!」
頭を押さえて文句を言う生徒の胸倉を掴み喝する。そのあまりの迫力に、2人とも黙り込んでしまった。
翠「おめーらその醜いケツの下に何があるか見やがれですぅ!!」
翠星石に言われるがまま立ち上がり、自分たちの座っていたところを見る。
そこには、2人の尻によって潰された花があった。無残にも茎から折れていた。

「あ・・・」
翠「あぁ!!か、可哀想ですぅ…」
翠星石はその場にへたり込んだ。そして折れてしまった花を根からそっと取り出した。
その瞳からはポロポロと涙が零れ出していた。
「え!?先生!?」
「お、俺たちが確かに悪かったですけど、たかが花一つでそんな…」
生徒はすっかり動揺してしまった。普段生徒の前では常に強情で強気な翠星石が、これほどまでに涙する姿は見たことが無かった。
胸が締め付けられる思いだった。
翠「花にだって命はあるです…」
すっくと立ち上がり、生徒と向き合った。その瞳は、まだ涙で潤んでいた。
翠「花にだって、命はあるです。人間と同じくらい、大きな、大切な命があるです。
でも、花は人間のように喋ったり、笑ったりできないです。
だから、だから花を咲かせて生きてることを証明するです…。
この子達も、もう少ししたら綺麗な綺麗な花を咲かせるはずです」
持っていた折れた花をギュッと抱き寄せる。
翠「でも、この子は茎から折れてしまったです…。もう、花を咲かせることはできないです…。もう…」
再び翠星石が大粒の涙を流した。その涙が、折れた花の蕾にかかって跳ねる。
「あの、翠星石先生…すいませんでした」
「本当にすいません!」
心の底から謝った。その2人を見て、翠星石の涙はようやく止まった。
翠「翠星石に謝ってどうするですか?」
「え?」
翠「この子に謝らないと意味がねーですぅ!」
二人の前に折れてしまった花を突き出す。
「す、すいませんでした…」
「ごめんなさい…」
花に対して謝る二人。だが、周りにいる生徒の中で2人を笑うものは誰一人としていなかった。

翠「お前ら本当に反省したですか?」
「はい…」
「反省しました」
翠「分かればいいです」
折れた花のようにすっかりしょげてしまった2人の頭をやや乱暴に撫でた。
翠「それじゃあお前らは、これからこの花壇の花が咲くまで、毎日放課後に翠星石と一緒に水遣りをするですぅ」
「えぇ!?」
「そんなぁ!」
翠「これはお前らが折った花に対する罪滅ぼしですぅ!ホレ、返事はどうしたです?」
「はい…」
「分かりました…」
2人は返事をするしかなかった。翠星石は満足気に微笑み、今度は優しく2人の頭を撫でた。
翠「よろしいですぅ」

その年の花壇の花は、今までで一番綺麗に咲いたという。