ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 蒼星石と女子生徒1(おあ氏ver

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放課後の中庭。沈みかけた夕日が草木を黄金色に輝かせる。
一人佇む蒼星石の手には一枚の紙が握られていた。
蒼「話ってなんだろう・・・?」
その紙は、昼食から帰ってきた蒼星石のデスクの上に置かれていた。
今日の放課後、中庭に来て欲しい。話がある、と。差出人の名は無かった。
暫くして、一人の女子生徒が来た。ある程度は予想していた。置き手紙の字は間違いなく女子のものだった。
蒼「あぁ、手紙を置いたのは君だったのか。ボクに話があるって…?」
「あ、あの・・・」
女子生徒は、顔を真っ赤にし、モジモジするばかりだった。蒼星石は少し嫌な予感がした。
女子生徒は覚悟を決めたように一人頷くと、搾り出すように声を出した。
「わ、私…蒼星石先生のことが好きです!!つ、付き合ってください!!」
蒼(やっぱり…)
女子から告白されることにはもはや慣れていた。
入学したての新一年生が、蒼星石を男だと勘違いして告白をするのである。今回もそうだと思った。
蒼「申し訳ないけど、ボクは女だよ。だから・・・」
「知ってます!!蒼星石先生が女だって事くらい!!」
予想だにしない答えだった。頭に殴られたような衝撃が走った。
蒼「え・・・?」
「先生が、女の人って知っているうえで言っているんです…」
女子生徒が涙混じりに訴えた。とても冗談を言っているような目ではなかった。
蒼星石はなんと返せば良いのか分からなくなり、黙り込んでしまった。
不意に、目の前の女子が駆け寄り、蒼星石に抱きついてきた。
蒼「・・・!?」
あまりの不意打ちに、蒼星石は危うく倒れそうになったのを必死に堪えた。
「先生・・・好きです」
蒼星石の胸に顔うずめながら、女子生徒は何度も呟いた。
どうやら相当本気のようだ。だが・・・

蒼「君の気持ちは分かったよ。ありがとう…」
「ほ、本当ですか!?」
女子生徒が顔を上げ、蒼星石の顔を見つめた。その顔は涙でくしゃくしゃになっていた。
蒼「でも…」
蒼星石はそっと女子生徒を引き離した。
蒼「君の気持ちには応える事はできない…」
女子生徒は目を見開き、蒼星石に掴みかかった。
「!!??ど、どうしてですか!?私が女だからですか!?」
女子生徒が叫びに近い声をあげた。蒼星石に断られたのが余程ショックなのだろう。
蒼星石は今にも暴れだしそうな女子生徒の肩を掴み、落ち着かせた。
蒼「違うよ。ボクは愛に性別は関係ないと思っている。でも、それを差し引いたとしても
君はボクにとっては生徒なんだ。どう足掻いても…」
「・・・・・・」
蒼「口だけでなら君の告白にOKを出すことは簡単だよ。でも、それは何よりも君の気持ちを裏切ることになる」
そう言うと蒼星石は指で女子生徒の涙を拭った。
蒼「だから、ボクは君の気持ちには応えられない…」
「先生は正直なんですね・・・何でもズバズバ言っちゃう…」
蒼「・・・ごめん」
女子生徒は自分で涙を拭うと、笑顔を作った。それは、少しでも触れたら壊れてしまいそうな笑顔だった。
「でも、これでスッキリしました。なんか迷惑掛けちゃってすいません」
蒼「そんなことないよ」
「ねぇ蒼星石先生。これからも、私の先生でいてくれます?」
蒼「うん…勿論だよ」
「…ありがとうございます」
再び女子生徒が抱きついてきた。今度はゆっくりと。
「少しの間、こうさせて下さい・・・」
次の瞬間、女子生徒は糸が切れたように蒼星石の胸の中で泣き崩れた。
蒼星石は、それを抱きしめてあげることしかできなかった。