ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki ばらきらと胸

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なぁ……ジュン」
 休み時間。ふと、生徒の一人が自分の後ろの席にいるジュンに声をかける。
「なんだよ」
「薔薇水晶先生と雪華綺晶先生って双子だよなぁ」
 当たり前だろ? と、ジュンは呆れた表情でそう言うと次の授業の準備を始める。
「胸どっちがでけぇんだ?」
 その言葉が、何故か教室に響く。
 そういえばそうだな……と、教室でその言葉を聞いていた生徒全員が思う。
 髪型と眼帯は違うのは知っているが、服装がほぼ同じ違うとすれば色ぐらいで……
 はっきり言ってプロポーションが良くわからない。
 つまり、胸のでかさは? 良くわからないが、そう言う結論に至たそいつがジュンに向かってなんとなーくつぶやいたのがその言葉。
「知るかよ。なんで俺に聞くんだよ」
「ん? ほれ、お前が登校拒否してたとき良く薔薇水晶先生と雪華綺晶先生いってたろー?」
「まぁ……雪華綺晶先生は、たまぁにしかこなかったけどな」
「つまりだ、一番お前が付き合いがあるイコール胸のでかさをだな」
「アホかお前」
 確かに他の生徒よりは、付き合いは長いかもしれないが……なんで付き合いが長いイコール胸のでかさを知ってるになるんだよ。
 そう、ジュンは思う。

 結局その時間は、そのまま世界史に突撃した。
「……ナチスがユダヤ人に行った……」
 今日は、ナチスがユダヤ人に何をしたのかについての授業だった。
 雪華綺晶先生が、淡々と授業を続ける最中ジュンの前の生徒。
 先ほどの休み時間に、胸のでかさを聞いてきたやつが「先生」と挙手して声をかける。
「? なに? ○○君」
「先生と薔薇水晶先生ってどっちが胸でかいんすか?」
 後ろの席に座っていたジュンがその言葉を聴いてブフッと吹く。
 他のヤツラも、そいつを見ている「コイツ勇者だ」「馬鹿」と、小さい声でそんな発言がなされている。
「………○○君」
「はい」
「今は何の時間?」
「世界史」
「……世界史と私と薔薇水晶先生の胸……何か関係ある?」
「無いです……が! 教えてください!」
 史上最強の馬鹿だ。と、ジュンは目の前の○○を見て思った。
 ため息をつく雪華綺晶。
「90と86……では、授業を続けます……」
 小さく数字を言って、雪華綺晶は授業を淡々を続けていく。
 時々、軍事の兵器が出てくると、すさまじいテンションでソレを読み上げていく雪華綺晶。
 数字……多分ソレは胸の数字。
 しかし、数字だけなので、どちらがどちらなのか分からない。
 ある意味カオス状態で授業は終わりを告げた。
「なぁ、ジュン。どっちがどっちだとおもう?」
「俺に聞くな!」




 授業が終了し、何故か雪華綺晶に呼ばれたジュン。
「なんすか?」
「……胸」
「………いや、俺じゃないっすよ?」
「実は……マイナス10すると正式……見栄はった」
「……いや、俺に言われても……」
「ちなみに……」
「いや、だからきいてませんって」
「……残念」
「なにがっすか……」
「じゃ……バイバイ」
「うぃっす」



 薔薇水晶「姉さん……なんか、胸が見られてる気がするの」
 雪華綺晶「……気のせい」
 薔薇水晶「……そう?」
 雪華綺晶「薔薇しぃはもっと、食べるべき……だから胸小さい」
 薔薇水晶「…余計なお世話……だよ」
 雪華綺晶「おばちゃん。カレーお代わり」