ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 蒼星石の激励

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

入試の時間まであと四十分。生徒が一人、家にいた。
W君「くそ…、緊張するなぁ」
この生徒は今日、人生最大の試練とも言える大学入試がもう目の前に迫ってきていたのだ。何度も教科書や参考書を見直す。ピンポーン
「W君!先生よー!」
と、家のチャイムを鳴らしたのは先生。
W君の担任、蒼星石先生。
コンコンとノックをし部屋の扉を開けて蒼星石先生が入ってきた。
W君「あ、先生」
蒼「大丈夫かい?緊張してるだろうけどゆっくり落ち着いて」
蒼星石がW君の前にきた。
W君「わかってます…。だけど…」
蒼「あんまり気負いしないで」
そう言いW君の頭を撫でた。
W君は頬を紅くし
W君「はい…、先生!おれ頑張ります!」
蒼「よし。あ、そうだコレ」
と、蒼星石はバックの中を漁り一つの小さい物を取り出す。

W君は疑問符をあげ、蒼星石はそれをW君の手に。
W君「コレ…お守り…」
「うん、僕がいつでも持ち歩いていたお守り。御利益は保証するよ」
W君「…ありがとうございます!」
蒼星石はW君に微笑んだ。
「W君!もう時間よ?!」
W君「わかったよ!」
W君は鞄を取り
W君「先生!…行って来ます!」
蒼星石は微笑みを濃くし
蒼「うん、頑張って」
そしてW君は試験会場へと…