ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛「ねえ、きらきしょー……。きらきしょーは、雪、好き……?」
雪「……………………雪は、嫌い……」

  雪華綺晶の表情に、ふっと陰りが差す。

  何か触れてはいけないものに触れてしまったのだろうか。雛苺は慌てた。
  彼女の経歴が特異なことは、教職員ならずとも知っている。雛苺は、彼女にかける言葉が見つからなかった。

  灰色に立ち込めた空。しんしんと降り積もる雪。

  沈黙が辺りを支配する。雛苺は気まずく思いながらも、彼女から会話を断ち切ることはためらわれた。
  やがて、雛苺の戸惑いを察したのか、雪華綺晶が重い口を開く。

雪「……子供の頃は、毎年雪が降るのが、楽しみで仕方なかった……。でも、あれは十四のとき……」
雛「…………」
雪「……私は知った……。空から無数に舞い降りてくるこの美しい雪の結晶には、しかし大気中の汚染物質が、ぎっしり凝縮されているのだということを……」
雛「…………えっ?」
雪「……私は、裏切られた思いで、一杯になった……。それから、私は、雪が嫌いになった……」
雛「…………ええとぉ……」

  後で、薔薇水晶に聞いたところによると。
薔「……お姉ちゃん、子供の頃、雪が降ると大喜びで、かき氷シロップを抱えて、外に飛び出していったから……」
  ちゃんちゃん。