ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 裏有栖学園 第二話

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 夜の有栖学園。
 空には紅い月。
 紅い紅い灯りが、有栖学園を照らす。
 そんな有栖学園の屋上に少年が一人。
 少年の傍らには、小さな人形が一体。
 屋上から見下ろすグラウンド。
 其処には、異形の者達の姿。
 少年は、屋上から飛び立つ。
 少年に付き添うように、傍らの人形も飛び立った。

 異形の者達は、少年と人形に気づく。
 異形の者達にとって、人間である少年は餌でしかなく。
 本能赴くままに少年に襲い掛かった。
 しかし、襲い掛かった異形の者達は少年に触れる事すら出来ず。
 塵芥と化す。
 少年は笑う。
 そんな少年に呼応するかの様に、人形がキリキリキリと音を立てた。
 異形の者達は、脅える事等無く。
 群れとなり、群れとなり、群れとなり。
 あたかもそれは全てを飲みつくす大津波。

 だが、少年は慌てる事も無い。
 いつの間にか人形の手には、一本の大太刀。
 人形は駆ける。大太刀を手に。
 人形は、大太刀を振るう。
 異形の者達の群れが、大きく切り裂かれた。
 しかし、それでも異形の者達はとまらない。
 少年は笑う。身を屈めて。
 瞳に剣呑な輝きを燈らせ。
 少年は笑う。その両手に力を掴み。
 両手の力は、不可思議な色で唸りをあげる。

 少年は、笑い声をあげた。
 さも楽しそうに。
 少年は、笑い声をあげた。
 その両手の力を振るい。
 少年を襲う異形の者達は、塵芥となりて吹き飛ぶ。
 まるで砂の山を蹴り飛ばす様に。
 いとも簡単に塵芥となる異形の者達。
 少年は、粗方異形の者達を塵芥に変えた後ため息をついた。
 そのため息と同じくして大太刀をもった人形が最後の異形の者を屠った。

「あ……」

 少年は、ふと思い出したように声を一つ漏らした後
 しまった。といった表情で空を見上げて呟き頭を掻いた。

「明日、めぐに頼まれてた人形の期日だ」

 頭を掻きながら唸る少年。
 徹夜決定だなぁ。
 と、肩を落としながらいつの間にか傍らに居る人形に声をかけた。

『鮮血姫ガ大激怒』

 と、人形は少年に告げた。
 その言葉に、少年はまた肩を落とす。
 少年は人形を抱きかかえその場を後にした。
 誰も居なくなったグラウンド。
 相変わらず、紅い月が紅く紅く照らしていた。