ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki 翠星石vsねずみ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「学校に戦車が来た!」その知らせは瞬く間に男子の間に広がった。
初めて間近でそれを見た生徒たちは、あるものは砲身にのぼり、あるものは記念撮影をしたりしていた。
「男って、いくつになっても子供ねぇ…」水銀燈は感慨深そうにそれを見ていたが、ふとある恐ろしいことことに気がついた。
水銀燈「き、雪華綺晶?生徒たちに悪気は無いんだから、起こっちゃダメよぉ?」
雪華綺晶「…大丈夫。あの子も兵器として使われるより、こうして平和な街の姿を見てるほうが幸せだと思うから…」
水銀燈「…ふぅん。そんなもんかしらねぇ…」


そんな話をしながら戦車を見つめる2人。そこへ元気な声が聞こえてきた。
翠星石「こらー!そろそろ授業がはじまるですよ!いつまでこんなガラクタで遊んでるですか!!
…全く、こんなガラクタあっても邪魔なだけですぅ!日陰のせいで植物は育たなくなるし、百害あって一利なしですぅ!!」
と戦車にケリを入れる翠星石。
雪華綺晶「…あの野郎…!!」
水銀燈が止めるのも聞かず、翠星石にお返しとばかりにとび蹴りを入れる雪華綺晶。
次の家庭科の時間、足を引きずるやけに湿布臭い翠星石の姿があったそうな。