ローゼンメイデンが教師だったら@Wiki じゃんけん

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雛「ほぉ!ほおおおおおおおおっ!」
巴「雛苺!スーパーモォォォォォード!」
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ!
巴「雛の両手が真っ赤に燃えるぅぅ!敵を倒せと轟き叫ぶぅぅぅぅぅ!
食らえ!愛と!怒りと!憎しみの!ストロベリーフィンガー!!」
雛苺「ほおおおおおおおおおおお!」

巴「ヒィィィィィートエンド!」

銀「・・・てジャンケンでチョキ出すためだけになにやってるの?ていうか私の勝ちねぇ。」

雛「これはチョキじゃないのー!ストロベリーフィンガーなのー!」

巴「では次は私の『巴ロックマウンテン』で勝負です!」

その後巴がグーを出し、もちろん水銀燈に負けたのは言うまでもない。

巴「次は…翠星石!勝負だ!」
翠「いいだろう!受けて立つですぅ!」

巴「うおおおお!ロックマウンテン!」
翠「だからお前はアホなのですぅ!」
巴「ぐはぁ!」
何故かじゃんけんで吹っ飛ぶ巴

翠「見たかですぅ!これぞ楓禮繁流拳法八掛の陣!」
巴「…恐るべし!楓禮繁拳法!」


水「…なにやってんの…」

雪「ならば私が翠星石を止める!
  イェニチェリの少年達よ・・・私に力を!喰らえ!きらきースペシャルナックル!」

翠「小賢しいですぅ!楓禮繁流拳法鶴翼の陣!・・・ふっ、また翠星石の勝ちですぅ。」

雪「どわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!・・・何故だ、何故翠星石にはこちらの出す手が把握されているんだ!?」

翠「翠星石の天眼をもってすれば楽勝ですぅ!楓禮の書の教えは素晴らしいですぅ。」



蒼「はぁ・・・もう突っ込むのも面倒だよ・・・放って置こうかな・・・。」

巴「喰らえ、ロックマウンテン!」

蒼「何の!蒼い子シザーズ!」

巴、一勝二敗。そこには倒れ伏す蒼い子の姿があったとか。

雪「…ならば…!」
翠「フッ!まだ立ち向かって来るですか!」
雪「うおおおお!」
翠「甘いですぅ!楓禮繁流!石破天驚拳!」
雪「やはりぐーできたか!しかし!」
翠「なにぃ!薔薇の眼帯が伸びたぁ!?」

雪「フハハハハ!恐かろう!」

翠「・・・確かに怖いけど手はチョキ出してるですぅ!やっぱり翠星石の勝ちですねぇ!」

雪「くっ・・・捨て身の策を使っても勝てないというのか!何故だ!」

翠「おーっほっほっほ、誰か我に勝つものはおらんのか!ですぅ♪」

薔「・・・やりましょう」

翠「ひれ伏せですぅ!楓禮繁流!石破天驚拳!」

薔「・・・ではパーを。」

翠「ば、馬鹿な・・・この翠星石が敗れるとはぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

薔「勝った…w次はお姉ちゃん…」
雪「妹だからと言って容赦はしない!」
翠「薔薇が伸びるだけです!それだけの事です!」
雪「私は薔薇が伸びるだけではない…任務遂行のためにエゴを強化したものだ!行くぞ!」
薔「なぁんとぉー!」


その時!薔薇水晶の出す手が次々と変わる!
雪「何!質量を持った残像だというのかっ!」

雪「くっ・・・質量を持った残像などありえない筈!」

薔「うふふふふ・・・」


真「何をやっているかと思ったら・・・」

薔薇水晶の手元から伸びる二本の棒!そしてその先を握っているのは・・・

「がんばるのー!」「かしらー!」

      • 玉子焼きとうにゅーで買収された雛苺と金糸雀であった・・・。すごいマジックハンドだ・・・

薔「…真紅!…次はあなたと勝負!」
紅「そんな…ばかばかし…」
薔「…これを賭けて」
そう言ってくんくんキーホルダーを取り出す。
紅「やります」

薔「ふふふ…」
紅「くっ!また残像が!」(わ、分からない!薔薇水晶の出す手が分からないのだわ!)
薔「知らぬさ!人は己の知ることしか知らん!」

紅「?!」

真「くっ・・・確かにカナヒナは捕まえたはず・・・他に邪魔する人はいない・・・何故?」

薔「今の私は無敵ダァァァァァァァ!!!」

そう、このセリフでピンときた方も多いだろう。

銀「まさか・・・」

雪「あぁ・・・ばらしぃはヌンチャクの先に手の模型をつけているぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!」

蒼翠「な、なんだっ(ry」

紅「ま、負けたのだわ…」
薔「ほっ…ほほほほほほほ!ほあーッ!」

雪「くっ!今の薔薇水晶を止められるのは私しかいない!ゼロシステム起動!」
薔「ほほほほほほ!」
雪「未来が、見えた!」

ドゴオオオオオ!



翠「うおおお!薔薇水晶に勝ちやがったですぅ!」

雛「説明しよう!ゼロシステムとは・・・なんかよく分からないけどとにかく凄いのー!」

雪「ふ・・・これが姉の力だ・・・」

薔「・・・強い・・・。」

雪「さぁ、特訓の続きだ!激しくいくぞ!」

薔「・・・はい!・・・ほぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」



真「あれ?確か私と薔薇水晶の勝負だったはず・・・。」

銀(それはともかく雪華綺晶の目・・・またあの模型ね・・・)

蒼「僕は…EXAMに選ばれたんだぁ!」
翠「ああ!蒼星石が暴走したですぅ!」
雪「なにっ!」

蒼星石と雪華綺晶はあいこが続いて出る。
蒼「お前は本当に正しいのか!」
雪「…」
蒼「正しいのかと聞いている!」
雪「教えてくれ蒼星石…」
蒼「なに!」
雪「私はあと何人の、いや、あと何匹のくんくんを見ればいいんだ…最終話まであと何話なんだ…」
蒼「…」
雪「…教えてくれ蒼星石…ゼロは何も言ってくれない…」

そう言って、雪華綺晶は落下していった。

ロ「ここで誰もALICEに触れないのは大したもんだよねぇ」
白「ええ、真っ先に触れるかと思ったんですけどねぇ」

全員『そう言えば、そうだった!!』