※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリアドネー(Ariadne)はクレータ王ミーノースの娘。テーセースがラビュリントス(迷宮)のミーノータウロス退治をする際に道案内の糸玉を与え、彼を助けた。

この故事(?)から、内助の功や正解への道しるべを意味する言葉になった。

またアリアドネは同じことをしようとして失敗したグレーテルより明らかに賢いので、やはり女の子は頭がいい方が良いという意味にも将来使われるかもしれない。

  

更新履歴

取得中です。