※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古代フリギアの王ゴルディアスの戦車は、きわめて複雑な結び方で轅(ながえ)を「くびき」につないであり、アジアを支配する者だけがこれを解く、という信託があった。

多くの者がこの結び目を解こうとして挫折したが、アレクサンダー大王は結び目を剣で両断したという。「ゴルディウスの結び目を切る」とは、快刀乱麻を断つように、難問、難題を解くことを言う。

  

更新履歴

取得中です。