※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

数学用語

ピサの斜塔で有名なイタリアのピサで1170年に生まれた数学者レオナルド・ピサノ(ニックネームがフィボナッチ)は商人のための数学の問題に「フィボナッチのウサギ」のクイズを出しました。
「一対のウサギが生まれて2ヵ月後から毎月一対のウサギを生むと仮定したら,1年後のウサギの数はいくらになるでしょう」 これがフィボナッチ数列の基本です
1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610、・・・・・・・・・・
この数列の規則は「隣り合う2つの数を足すと次の数になる」というものです
この数列に表れる任意の2つの数字の比がフィボナッチ比率と呼ばれています。
  

更新履歴

取得中です。