Q98

    
Q.往人にとって観鈴はどのような存在だった?



A.ずっと探し求めていた母親の笑顔を与えてくれる人。

往人が自分から旅を始めた動機は、母親の笑顔を再び見たいからだった。

DREAM観鈴シナリオ7/31

始まりは、母を探す旅。
もう一度母の笑顔を見たかった。それだけだった。

以下はどちらも往人(そら)に対してのセリフ。往人母と観鈴に直接の関係はないので、これは単にライターが、観鈴と往人の母との共通性を意識して書いただけのことだろう。

DREAM観鈴シナリオ7/31

【往人母】「一緒にいく?」

AIR編7/16

【観鈴】「一緒にいく?」

また、次の描写で往人は観鈴の姿から母親を連想している。

DREAM観鈴シナリオ7/24

観鈴の影が長い。
髪が風に揺られ、きらきらと光る。
ずっと前にも、こんな情景を見ていたような気がする。
子供の頃、母親と旅をしていた時だろうか。

往人は母の笑顔が見たい一心で人形を動かし続け、そらは観鈴が喜んでもらおうとして飛ぶ真似を繰り返す。

SEEN203.TXT

【みすず】「そうっ!」
彼女が喜んでくれた。
だから、ぼくもそれを繰り返す。

SEEN311.TXT

「うまくできたね」
母はそう言って、俺の頭を撫でた。
俺はただ一生懸命に、人形を動かし続けた。
母が笑う顔をもっと見たい、その一心で。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
  

コンテンツ


-



↓アンケートページもあります


選択肢 投票
呪は解けた派 (1657)
呪は解けてない派 (764)