げんしけん用語辞典@Wiki DQN

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【巻数】

【ページ数】

【解説】
「ドキュン」と読む。

人生に確固たる目的も持たず、反社会的な行動をとったり、自堕落な生活を送る者の蔑称。この言葉を最初に使ったのは「マミー石田」氏とされる。石田氏は氏のウェブサイト上で、学歴の低い者が「目撃ドキュン(テレビ朝日)」の出演者のような荒んだ人生をおくるのは必然であるという趣旨の発言をしている。このように、もともと「ドキュン」は低学歴者に対する言葉だったが、現在では、社会常識に欠けている者、または知性に乏しい者全般を指す。(2典plusより転載)

作中にこの用語が出てくるわけではないが、現視研部員が女の話をしているDQNに出会うと黙ってしまうのが、妙に生々しいと評判である。


【コメント】