げんしけん用語辞典@Wiki ガンプラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【巻数】
3巻

【ページ数】
4ページ

【解説】
「ガンダム」の「プラモデル」の略。1980年7月に発売された「1/144ガンダム」以来、数百種類、3億個以上のガンプラが製造された。

大野さんが作っていたのはHGUC(ハイグレードユニバーサルセンチュリー)・1/144・MS-07B・グフ 。定価840円。

笹原が作っていたのはHGUC・1/144・RGM-79・ジム。定価735円。

部室には「ビグ・ザム」(1巻17ページ)、「パーフェクトガンダム」(1巻95ページ)、その他多数のガンプラが積んである。

6巻56ページで大野さんが作っていたグフはMG(マスターグレード)か?

2004年12月に笹原待望の(HGUCではなく)MGボールが発売された。

【コメント】