※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オボロ身上調査書 タ行


1. セーブルの警備隊長さんです。
ラウルベル卿の信任も篤いし部下の皆さんからも頼られてますし、言うことないですね。
2. 天涯孤独の身の上だった彼を先代のラウルベル卿が引き取ったそうです。
ただ、先代は彼を闘技奴隷にするつもりだったみたいでして、ソリスさんが必死に止めたんだとか。
3. ラウルベル卿のお嬢さんのサリーシャさんとは両親公認でちゃんとお付き合いしてるみたいです。
たまに、彼の主はソリスさんじゃなくてサリーシャさんじゃないかって思う時もありますね。

1. 元は太陽宮の管理で、フェリド様の命を受けてファレナの正確な地図を作る仕事に人生を捧げていた人です。
2. 疑ったわけではないんですけど、彼の地図がどのくらい正確なのか、シグレ君に頼んで調べてきてもらったんですよ。
そしたら、「直すとこなんか1コもねえぞ。ムダなことさせんな」って怒られました。
いや、さすがですねえ。
3. 生まれつき方向感覚が以上に鋭くて、洞窟や深い森の仲でも決して迷わないそうですよ。
地図作りの仕事は天職でしょうね。

1. 元ロヴェレ卿の側近で貴族の位も持っていたんですが2年前に返上しています。
今は地位とかそういうのに関係なく、自然にロードレイクのまとめ役としてみんなに頼られているようですね。
2. 例の件のあと、ロヴェレ卿に殉じるつもりだったと聞きました。
でも、あの状況であの人がそれをやればさらに後追いが何人も出そうだったから踏みとどまったんだとか。
3. 腰は低いのにけっこうガンコな人ですね。
このあいだ、お茶のたて方のことでラージャさんとやり合ったそうですよ。

1. ニルバ島で人形劇をやっていたお嬢さんで、どんな声色でも自在に出せるというとんでもない能力の持ち主です。
2. あの声色、別に紋章の力とかじゃなくて、完全に生まれつきの才能と努力の結果だそうですよ。
人間の可能性ってのはすごいものですね。
3. 本人は知りませんが、各国の演劇関係者の間で「千の声を操る女」のウワサが流れてるんですよ。
まあヨタ話のたぐいと思われてるんですが、実在するってわかったら、どこの劇団もほっとかないんじゃないんですかねえ。

1. バロウズ家の倉庫番をしていた青年です。
今はここの倉庫番ですね。
2. 8年前のアーメス侵攻で家族を亡くして、さまよっているうちにバロウズ卿の屋敷に入り込んでしまって、叩き出されるところをルセリナさんにかばってもらって、今にいたる、・・・と。
3. 花や木が大好きで、バロウス家の庭の手入れをしていたのもチャックさんだそうです。
今ごろ、その庭もどうなってるでしょうね。

1. シンダル文明を研究している学者さんですが棒術の達人でもあります。
水門の遺跡を発見した人です。
2. 何年か前にゴドウィン卿がシンダル文明の専門家を集め始めた時、彼はうさんくささを感じて行かなかったそうです。
それを知ったルクレティアさんが逆に興味を持って、ゴドウィン卿にナイショで会いに行って、知り合いになったんだとか。
3. ファレナのどこかに秘密の研究室を持ってていろんな資料を集めてあるそうですよ。
ローレライさんがしきりにそこへ連れて行けと言っているんですが、ツヴァイクさんはトボけて通してます。

1. 無茶な取材で定評がある新聞記者さんです。ゴドウィンが制圧したあとのソルファレナを強引に取材しようとして捕まった話は殿下も聞きましたよね。
2. 彼のことは前からよく知っていましてね。
お互いこんな商売ですから、時々会って情報交換なんかするんですよ。
ただ、ウチは秘密厳守ですが向こうは秘密を白日の下にさらけだすのが仕事ですからね。つきあい方が難しい難しい時もありますね。
3. 若いころの彼だったら、トラード攻略の時みたいな協力はしてくれなかったでしょうね。報道とは不偏不党、公正中立でなきゃいけないって固く信じてましたから。
そもそも誰のための報道かってことに気づいてから、彼は変わりましたよ。いい方にね。

1. ロードレイク出身の元気なお子さんです。
殿下は彼の危ないところを助けてあげたことがあるんですって?
2. ガキ大将って言いますか、他の子供たちから兄ちゃん兄ちゃんって慕われています。
3. この子、すごく勘が鋭いんですよ。
ウチのシグレ君がこっそり後ろから近づいても、すぐ気がつくんです。
もしかすると武道に向いているかもしれませんね。

1. ケイヴドワーフの鍛冶屋さんです。
横暴な師匠にヘボだのノロマだのとしょっちゅうののしられてますが、鍛冶屋としての能力は申し分ないですよ。
2. 武器が好き、と言うより名剣名刀を鍛えるのが鍛冶屋の実力の証と考えてるようです。
3. ワボンさんのトロッコのレールを固定している金具は、ほとんどドンゴさんが造っていたそうですね。
トロッコ本体の部品も何割かはそうだと聞きました。
これでヘボ鍛冶屋扱いはないですよねえ。