※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、一般的なファミコンの仕様から一歩進んで
FF(主に3)特有の仕様について書いていくページです。
基本的なところは、「ファミコンの仕様」の方を見てください。

FFにおけるグラフィックの仕様


通常時

タイル
ファミコンでは、あらかじめ用意したタイルを画面に配置することで&br()描画を行う。タイルのサイズは8ドット*8ドット。&br()タイルは、背景(BG)用に256枚、オブジェクト(スプライト)用に256枚を&br()同時に用いることが出来る。&br
パレット
ファミコンでは、描画に用いる色のセットを&br()あらかじめパレットとして用意しておく。&br()パレットは「3色+透明色」を1組として、4組を同時に使える。&br()1つのタイルには1つのパレットしか使えないので注意。

歩行キャラグラフィック 0:歩行キャラグラフィックは16*16サイズ
FF3では、歩行キャラグラフィックはほぼ例外なく&br()16ドット*16ドットのサイズで描かれている。&br()スプライトの描画単位であるタイルが8ドット*8ドットなので、&br()タイル4枚を2*2に並べて描画していることになる。
図:16*16サイズの歩行キャラグラ(例は黒魔道士)&br()左上、右上、左下、右下の4枚のタイルで描画される。&br()&ref(16x16.png)
歩行キャラグラフィック 1:1人当たり2パレットまで用いている
FF3では、通常時の歩行キャラには上半分(16*8、タイル2つ)と&br()下半分(16*8、タイル2枚)に別のパレットを使用している。
図:上下にそれぞれ1パレットずつ用いた歩行キャラグラフィック&br()もちろん、配色次第で上下とも同じパレット、ということも有り得る。&br()&ref(2palettes.png)
歩行キャラグラフィック 2:主人公に2パレット、町の人他に2パレット
FF3では、通常時には主人公4人のうち先頭の1人だけが表示される。&br()よって、主人公用にはその1人に必要な2パレットがあてがわれる。&br()残る2パレットは主に町の人用だが、何かが光るイベントや炎なども&br()この2パレットで描画することになる。&br()ついでに、サブキャラの類も町の人用の2パレットで描画されるため、&br()入った町によって色が違ったりする。
図:同時に使える4パレットの内訳。&br()主人公の2パレットと、村人全員共通の2パレットで合わせて4パレット。&br()&ref(2palettes.png)
FF3と同じパレット仕様では主人公を1人しか表示できず、&br()歩行キャラの演技によるイベントを表現するのが困難になる。&br()FF3なら主人公4人はほぼ一心同体だけど、FF7は違う。&br()そこで、必要なキャラを全員画面に出して演技させる方法として、&br()主要キャラを全て共通の数パレットで表現しよう、という提案をしていたり。

歩行キャラグラフィック3:主人公は4方向合わせてタイル16枚(<(2*2)*(4*2)=32枚)
FF3では、主人公に関しては、&br()・正面向き:上半分は共通、下半分を左右反転でアニメ&br()・後ろ向き:正面向きに同じ&br()・左右向き:左向きのアニメパターンを反転して右向きに&br()と、8パターン32枚の半分の16枚で実現している。
図:32枚のタイルからなる歩行パターンが16枚に減少するまで。&br()&ref(16tile.png)
FF7はFF3に比べてキャラの比重が重く、主人公も個性的なので、&br()演出も合わせると一度に画面に出したいスプライトが&br()多くなるかもしれないので、全キャラをこの方法で表現して&br()同時登場可能人数を増やす、という手もあるかも知れません。
↑の場合、下半分は反転でアニメできるように描く必要があります。&br()また、上半分は、全キャラ反転アニメしないか、あるいは&br()上半分が反転するかしないかはキャラによって指定できるように&br()する必要がありそうです。

BG(町) 1:マップに112枚、文字やウィンドウに144枚のタイルを用いる
町の中では、BGにはマップ用タイルと文字やウィンドウが格納される。&br()128ドット*128ドット、タイル数にして16*16=256枚のうち、&br()16*7=112枚がマップ、下16*9=144枚が文字・ウィンドウに用いられている。
BG(ワールドマップ):BGは全てマップチップ
外では文字の類が必要ないということで、BGの256枚のタイルは&br()全てマップチップとして用いられている。

戦闘時(およびメニュー画面など)

スプライト 1:主人公は1人1パレット、4人3パレット
FF3では、主人公達は共通の3パレットから1人1パレットで描画されている。&br()背景色が黒なので、透明色を黒として用いることができる。&br()残る1パレットは、ダメージやエフェクト、武器の表示などに用いられている。&br()&br()図:戦闘時の主人公用スプライト&br()1キャラ1パレット、全ジョブがこの3パレットで描かれる。&br()黒の部分は透明色で、メニュー画面では青になる。&br()&ref(http://www9.atwiki.jp/fcarchitecture4ff7/?cmd=upload&act=open&pageid=5&file=3palettes.png)
(FF7の場合パーティが3人なので、臨時に4人以上に増えることがなければ&br()1人固有1パレットという手もありそう。4人目がいるとか、&br()1キャラ辺り2パレット以上使うとすれば、共通3パレットを使うことになる、のかな)

BG 1:モンスター2パレット、背景1パレット、ウィンドウ・文字1パレット
FF3では戦闘時、モンスター、背景、ウィンドウ及び文字をBGで描画する。&br()そして、モンスターは全体で2パレットを用いて描画される。
BG 2:モンスターの最大サイズは128*96?
くらやみのくも がこのサイズなので、その辺を目安に。&br()とりあえず、パターンテーブルのサイズである128*128を越えることはありえない。
しかし、ウィンドウや文字だけでパターンテーブルの半分以上が&br()占められてしまうはずなのに、どうやって縦96も確保してるんだろう……。