※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここは、ファミコンにおけるグラフィックの仕様を
つらつらと書いていくページです。

ファミコンにおけるグラフィックの仕様

BG・スプライト
ファミコンでは、背景とオブジェクトを別々に描画する。
それぞれ、BG、スプライト、と呼ばれる。

パターンテーブル
BGとスプライトは、それぞれ8ドット*8ドットのタイルが
16*16=256個並んだパターンテーブルというものを持ち、
描画は必要なタイルを画面に配置することで行う。

図:パターンテーブルの例。左がBG、右がスプライト。

パレット 1:パレットは固定64色からの3色と透明色の4色1組
ファミコンでは、色はあらかじめ用意された64色から
3色+透明色の4色1組のパレットを作って描画を行う。

図:ファミコンの固定64色(例はVirtuaNESのパレット)
パレット 2:パレットはBG、スプライトそれぞれ4つずつ
パレットはBG、スプライトのそれぞれが4つずつ持つことができる。
パターンテーブル上のタイルは全て、いずれか1つのパレットで描く。
パレットは、パターンテーブル上で16ドット*16ドットごと、
つまり2*2=4つのタイルごとに指定する。
また、パレットとは別に背景色を1色指定することができる。

図:パターンテーブルの例。左にパレットを当てはめたものが右。