※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PC(初期値)


名前:四悠 光速(しゆう みはや)

性別:男
種族:魔人
武器:軍用サバイバルナイフ
持ち物:滅多にかけないサングラス/カセットタイプのウォークマン/電卓


【通常ステータス】知力:2 体力:3 金力:2 OSR:4 FS(金銭計算能力):3 精神 :4

【戦闘ステータス】攻撃力:11 防御力:5 ライフ:5 すばやさ:9 中二力 :0

特殊能力【限定光速領域(リミテッドライトニングマッドネス)】
発動率70% 成功率100%

範囲:同マス
対象:自分のみ
時間:1戦闘永続
効果:自分のすばやさを1D6+3上昇させ、更に命中に対しての防御判定を防御力ではなく素早さで行えるようになる。
(ダメージ判定自体は通常の攻撃力ー防御力)

筋肉の運動、神経の伝達と言った自分自身の時間を全て加速させうる時間操作能力。
光速の感覚時間と肉体時間を加速させることで、驚異的な反応力と運動能力を得ることができる。
周囲の者には光速が早く、光速自身は感覚認識が通常のままで周りが遅くなっている状態となる。

【キャラクター説明】
希望崎学園2年。生徒会所属、成績は下位から数えた方が早いが、事、金勘定に関しては例外的に高い能力を持ち生徒会会計を務める。
無茶苦茶ケチな倹約家の上にお金が大好きと言う困ったちゃん。札束を弄りたいから生徒会に入ったと公言して憚らない。
その能力を駆使した光速金庫締め作業は圧巻の一言である。彼自身は金が絡まなければ漂漂とした善人でヤンキー口調だが人当たりも良い。

生徒会の中にあって珍しいノンポリで、その為、彼の正体は番外番なのではないか?と実しやかに噂されている。


 ***

名前:石川五ヱ門

性別:男
種族:魔人
武器:斬鉄剣
持ち物:釣竿(趣味)(趣味が高じて地引網を引いたこともあるらしい)

【通常ステータス】
知力:2 体力:4 金力:1 OSR:2 FS(剣技):6 精神:3

【戦闘ステータス】
攻撃力:15 防御力:0 ライフ:10 すばやさ:5 中二力:0

【特殊能力】
「またつまらぬものを斬ってしまった…」発動率:35% 成功率100%
範囲:同マス
対象:敵キャラのみ
効果:同マス敵一体防御力無効化(ただし、命中判定後)
時間:一瞬
説明:同マスにいるキャラクター一体に対して斬鉄剣で攻撃する。
どんなものでも切り刻む斬鉄剣の前では完全に防御力は無効化してしまう。
五ヱ門は「またつまらぬものを斬ってしまった…」
という決め台詞を残してそのまま防御力無効化キャラを斬り捨てる(通常攻撃)。
ただし斬れぬモノはないと言われる斬鉄剣だが、こんにゃくだけは斬れないらしい。

【キャラクター説明】
13代目石川五ヱ門。いにしえの大泥棒、石川五ヱ門の末裔。
居合い抜きの達人。なんでも真っ二つにしてしまう、怒らせると怖い男。
頭と女に対してはちょっと弱いが一瞬の判断には長けている。
剣技に関しては右に出るものなし。銃弾まで真っ二つにしてしまうよ。
ちなみにお金にはあまり関心がない。ある程度生活できればそれでいい。
趣味は釣り、ラジオ聴衆など。希望崎学園に来たのはなんとなく。
強い人間がいるらしいと聞いて修行の一環で来たらしいとかなんとか。
なので生徒会でも番長Gでもどっちでも良いと思っている。
見た目はやや長髪に着物を着ている、時代劇の主人公のよう。
ちなみに本人は気にしていないがイケメン。(中の人補正などではないよ!)


 ***

名前:バルバロッサ・土田

性別:男
種族:魔人
武器:なし
持ち物:ライター、煙草
【★特殊能力はシークレット指定でお願いします】

【通常ステータス】(合計18)
知力:2 体力:2 金力:2 OSR:3 FS(威圧):6 精神 :3

【戦闘ステータス】(合計25★特殊能力がシークレット)
攻撃力:0 防御力:8 ライフ:7 すばやさ:10 中二力 :0

特殊能力【へんじがない ただのしかばねのようだ】発動率80% 成功率100%
★シークレット指定
範囲:同マス
対象:味方ひとり(自分含む)
時間:1戦闘終了まで
効果:超絶技巧による死んだふり。派手に爆発してその場に崩れ落ちる。
    脈拍も呼吸も止まり、肉体は原型をとどめえないが、
    なぜか場面転換後に「死ぬかと思った」と言いながら復帰可能。
    同意を得た仲間を派手に爆発させることで、同様の効果を与えることもできる。

    この技を使ったが最後、残念ながら戦闘が終了するか、場面が転換するまで再登場できない。
    もしも「死んだふり」中の味方を残してメンバーが全滅した場合、
    容赦なく『ぜんめつした・・・』のテロップが流れてしまうだろう。

【キャラクター説明】
地獄からよみがえった魔王の息子。
だが、完全に現世に適応しており、日サロに通ったりDJの練習をしたりしている。

性格はほとんどチンピラで体力も並み以下だが、魔王の威圧感を身につけており、
ハッタリ技術を駆使してダンゲロスで生き延びている。
ド正義いわく、「放置しておくには危険な男…だが、迂闊に手は出せん」(←勘違い)
彼が実は見かけ倒しであることを知る者は、中学が同じだった番長Gの駒沢くんぐらいだという。


 ***

名前:歩峰 御医

性別:男
種族:魔人
武器:あめちゃん(お菓子のエイボン「シュガーレスのど飴」)「しかしこのアメまずいっすねえ」
持ち物:ラブホテル「クラフト」割引券 万能洗剤「ヨク=オトース」 ファミレス「ロイアル ハスタァ」お食事券(いあいあランチセット)

【通常ステータス】
知力3 体力1 金力6 OSR4 FS(BT)1 精神3
【戦闘ステータス】
攻撃5 防御5 ライフ5 素早さ5 中二力10

【特殊能力】
「総てはBTの為に!!」発動率:110% 成功率:100%
範囲:周囲5メートルくらいの声のはっきり聞こえる範囲
対象:声を聞いた総てのキャラ
効果:BT団に勧誘して団員にする(精神攻撃)

勧誘に失敗した相手に対してはBT団幹部「神算鬼謀の御医」としてBT団の素晴らしさを延々と騙る事で精神に1~3のダメージ(1d3)を与える
(1d3は1d6÷2でもいいです)
説明:かつて同級生の女の子にち○こをちょん切られそうになった時助けてくれたBTに再会する為にメンバーを勧誘し その素晴らしさを広めている
精神攻撃に成功してしまうと意味の無いバステを与えるだけの能力
精神ダメージは精神攻撃に失敗した相手にのみ効果を発揮する
意味の無いバステ「BT団員」には見習い 下級 上級 幹部 十珍衆 偉大なるBT様までのレベルがあり判定に成功するたびに階級が上がっていく

【キャラクター説明】
虚弱ではあるが 大企業の社長の親戚の息子 ちょー金持ち
ふつうにカッコよく 学力面では飛びぬけて賢くもないが特に馬鹿でもない
かつてBT団の幹部を務め 高校生になった今でも密かに秘密結社BT団幹部
高校生の切実な悩みという需要から 意外とBT団メンバーは学園に潜んでいるらしい

御医本人はちょっとしたレベルのBTだから まぁ普通ちょい上くらいだろう
高校生にしては凄いBTとかプロ並みのBTとか全国レベルのBTとか
世界トップレベルとか 果ては魔人の領域とかは 流石にまだまだ憧れの存在
(注 BT団とはビックち○こ団の略 偉大なるBTに憧れをいだく集団)