※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保守短編・馬鹿乙女

ドンドンドンドン!!

金「新年早々誰かしら?」
J「僕だ、ジュンだ」
金「ホントにジュンかしら?」
J「ああ、そうだ」
金「ジュンならコレに答えられる筈かしら」
J「何だ?」

金「正月の過ごし方は?」
J「勿論寝正月!」

金「(ガラガラッ)やっぱりジュンかしr」

バリバリッ

借「フゥハハハー!!桜田ジュンとは仮の姿!その正体は借金取りだァー!!」
金「な、なんだってー!ウ、ウチにお金は…」
借「…今回はコレを渡しに来ただけだ」
金「…コレは」
借「お年玉だ。強く生きるんだぞ」
金「おじさん…」ジーン

 

 




金「たまには真紅の家にでも遊びにいくかしら」」

金「話し声がきこえるかしら」


紅「JUN・・・・実はあれが来ないのだわ。」

JUN「え?・・・・何日遅れてるの?」

紅「もう一週間になるの・・・・わたしどうしたらいいか」

JUN「真紅落ち着け、もしかしたらただ遅れてるだけかもしれないだろ?」

紅「いままでこんなに遅れたことは・・・・一度もなかったのだわ(・・・グス)。」

金「話は聞いたかしら。JUN、真紅 相談はローゼンメイデン一の策士金糸雀が聞くかしら。」

紅「ヤフオクで落とした、くんくん危機一髪初回限定版なんで来ないの~」

金「保守かしら~」

 



かなり過去でゴメンw
【涙隠す】【凍る笑み】の97(金糸雀の日記8月21日)っぽいイメージで




薔薇乙女が研究をしているようです

~金糸雀の場合~
ジ「お前が会計学研究科に行くとは思わなかった」
金「目指すは公認会計士かしら」
ジ「でもそれだったら、一年か二年勉強だけに集中したほうがよくないか?専門学校とかさ」
金「・・・試験勉強だけの知識じゃ、みっちゃんには勝てないかしら・・・」
ジ「へぇ~。みっちゃんさんって、そういう方に詳しいんだ?」
金「みっちゃんに経済観念を植え付けるには、圧倒的な知識で言いくるめるしかないと思って・・・それに資格があるほうが説得力も増すし・・・」

借金癖を治すのって大変だよな保守

 




金「蒼星石がかわいそうかしら。あれだけジュンのことを思っているのに」
ジ「悪いとは思ってる。けどその気持ちには答えられない」
金「どうしてかしら?」
ジ「…実は好きな子がいるんだ」
金「それは…仕方がないかしら」
ジ「うん」
金「全然気がつかなかったかしら。ジュンのことだからきっと素振りにも出してないのね」
ジ「努力はしてるんだよ。がんばって放課後の教室で二人きりになったりとかさ(ボソ)今も」
金「ジュンにそこまでされて気づかないなんてその子にも問題ありね」
ジ「…」
金「けどカナはジュンのこと応援してるかしら」
ジ「ちょっと泣きそう」
金「ジュンジュンくじけちゃだめ、頑張るかしら!!」

 





金糸雀「ジュン!」
ジュン「ん?なんだって…なんだこりゃー!?」
金糸雀「等身大カナチョコかしら!カナの至高の傑作かしら!」
カナチョコ『美味しいかしらー』
ジュン「うおっ!しゃべったぞ!?」
金糸雀「もちろん高性能よ!でも食べれるから安心するかしら!」
カナチョコ『食べてかしらー』
ジュン「ううっ…わかったよ。一口だけだぞ…」かぷ
カナチョコ「ひゃっ!くすぐったいかしら~!」
ジュン「げ!?こっちが本物!?」
金糸雀「」←チョコ

 




【某レストランにて】

ジ「たまには外食も悪くないな。」
金「かしら~♪」
ジ「お、それ美味そうだな。」
金「とっても美味しいかしら。
…みっちゃんにも…食べさせてあげたいかしら。」

ジ「ならお持ち帰り用を注文すればいいじゃないか。このレストランそれができるぞ?」
金「本当に?なら早速そうするかしら。
すいませ~ん。」

店員「はい、何でしょうか?」
金「このメニューを【テイクオフ】してほしいのかしら~♪」
店員「……はい?」

ジ「金糸雀…離陸させてどうすんだよ?」

 



金「JUNちょっと良いかしら、チョコレートあげるかしら」

JUN「サンキュー…これって卵焼きは入って無いよね?」

金「卵焼きチョコは70回のやり直しと70回の失敗の末諦めたかしら」

JUN「そっ、そうか良かった」

金「どんな意味かしら?、まあ食べてみるかしら」

JUN「開けるぞ、(…普通のチョコだな)、早速一つ」

金「召し上がれ」

JUN「ぐは!><」

金「美味しくて言葉が出ないかしら?」

JUN「お前も食ってみろ」

金「ん!><…砂糖と塩間違えたかしら!!」

 



J「おはよう金糸雀」

金「あ、JUM!おはようかしら~!!」

J「おっ元気のいい返事だね~、やっぱり子供は元気なのが一番だな」

金「む~っ!カナは子供じゃないかしら~!!失礼かしら~!!」

J「ハハッwゴメンゴメンwwwでもね、カナのそういう子供ぽいとことか、卵焼き好きなとことか、おでこが広いとか、
そのせいでデコから日の光が反射して眩しいとことか、そういうの全部ひっくるめて大好きだあぁぁぁッッッ!!!!」

金「キャーッ(///)」


翠(うぜぇですぅ…)
蒼(っていうか一連の会話の流れからなんでそうなるかな…バカップル?)
紅(JUMがペドだったなんて…まだ私には望みがありそうね)
薔(…JUMのセリフ、どこも誉めてないっすよカナさんwwwサーセンwwwww)

 




【祝いの】【メロディー】
 
【おやくそく劇場】

金「それじゃあ早速カナがスレタイにちなんだ歌を歌うかしら」
ジ「貞子っぽいコスでオチが読めるんだけど…とりあえず頑張れ」

金「コホン…でわ
くーるー、きっとくるー♪」

ジ「なあ、一応確かめておきたいんだが…スレタイなんだと思う?」
金「へっ?それは勿論【呪いのメロディー】かしら」

ジ「まさにお約束!看板に偽りなしだな」 

 




【おやくそく劇場】

金「しくしくしく…」
ジ「なに泣いてんだよ。あれか?
また弁当の卵焼きをカラスに盗まれたってお約束か?」
金「ううぅ~、違うかしら。
もっともっと深刻な問題かしら」
ジ「なんだよ…なにがあった?」
金「じ…実は…」


ジ「ふぅん…今朝トイレで用を足してる時に下血してたと?」
金「カナ…きっと不治の病に冒されてて、もうすぐ死んじゃうかしら」
ジ「よくワカランが…それってただの切れ痔じゃね?」
金「痔ぃーーっ!?」




金「やっとみっちゃん追い払ったかしら…今度こそ一人暮らし…!」
み「カナー、差し入れ持ってきたよー」
金「みっちゃん…てめーの死因はたった一つだぜ…」
み「ちょ、か、カナ待った!食料プレゼントしに来ただけだから!」
金「一緒に住む気はないのね?」
み「Yes!Yes!Yes!」
金「ならいいかしら…何だか疲れちゃった…」
み「なら自立するカナにプレゼント!今日は私がご飯作ってあげる!」
金「ありがとうみっちゃん…助かったかしら」


金「ごちそうさま。おいしかったかしら」
み「マリオカート持ってきたんだけど、勝負しない?」
金「負けないかしら!」


み「また明日も来るからね!困ったことがあったらすぐに言いなさい。」
金「わかったかしら。ありがとうみっちゃん。」み「じゃあねー」


金「結局寝る場所が違うだけかしら」





今日から一人暮らし保守





金「一人暮らしは大変かしら…」

ピンポーン

金「はーい!今行くかしら」
ガチャ
「どうも!一人暮らしのお供に新聞はいかがですか?ぜひ○×新聞と契約してください!」
金「け、結構かしら…大体何で一人暮らしを始めたことをしってるの?」
「洗剤もお付けしますよ。中に入れてくれませんか?詳しいことを説明します」
金「ちょ、ちょっと…!勝手に中に入らないで!止めて!」
み「カナークイーンバイツァ・カシラ!(カナに手を出すな、死ね)」
「ウボァァァァァァアァ!!」
グシャ

金「あ…ありがとうみっちゃん。でも詳しく説明してほしいかしら。」
み「カナークイーンバイツァ・カシラはカナを守るために付けた盗聴器と隠しカメラよ。」
金「…どこに付けたの?」
み「訪問販売や宗教の勧誘には十分気を付けてね!カナが困ってたらいつでも駆けつけるから!じゃあね!」
金「みっちゃん…いつもありがとう…」

金「でも隠しカメラは絶対に見つけて処分するかしら」





金「大変な事を発見したかしら!」

JUN「どうせどうでも良いことだろ」

金「そんな事無いかしら、JUNや乙女達の身の安全に関わる重要な事かしら」

JUN「・・・・・一応聞いてやるから言ってみろ」

金「聞いて後悔しないかしら?」

JUN「しないしない、時間と容量の無駄だから早く言えよ」

金「よく聞くかしら」

JUN「はいはい」

金「女の子スレの法則その1!『出演中道路を横断すると死亡プラグが立つから気をつけろ!』かしら」

JUN「やっぱりその程度か」

金「みんなにも教えてくるかしら」タッタッタッタッ…

JUN「バカそんなに急いで道路をわたると!」

キーーードン

金「かしらぁ~」

 




たまにはサボる優等生、金糸雀




金「雨…」

金「今日は服を買いに行こうと思ったのに…」

金「…朝ごはんを作る気にもならないかしら…」

金「雨の日は気が滅入るかしら…」

金「‥‥うっ‥みっちゃん‥‥会いたいよぉ‥寂しいよぉ‥グスン」

み「カナァァァァァァアァァアァァ!泣かないでぇえぇぇぇぇえぇ!!私来たから!」
金「みっちゃん‥‥」
み「無理することないわ…また一緒に暮らしましょう…」
金「何で雨で濡れてないの?」
み「へ?」
金「どうしてこんなに早く来れるの?隠しカメラがあるといってもいくらなんでも早すぎかしら」
み「えっと…カナ?」
金「この前から少し疑問に思っていた…そして今確信した…!」
み「‥‥」
金「何度挨拶にいっても留守だった…いや、留守のフリをしていた隣人の正体を…!!」
み「なるほど…やるじゃない、カナ…」

み「そう…私こそが謎の隣人の
金「引っ越し!引っ越し!さっさと引っ越し!!」




萌えました。GJです。
以下、適当に書きなぐってみた駄作。韻も満足に踏めてない。

歌を忘れた金糸雀は
今や何処に往きななむ
夢を忘れた金糸雀は
悲し遠くを溺れ見る
夜を忘れた金糸雀は
今や煌めく箒星
愛を忘れた金糸雀は
空を朧に視止むのみ
時を忘れた金糸雀は
今や遥かな夢の彼方
心を忘れた金糸雀は
遠き虚空の果てにあり
朝を忘れた金糸雀は
浅き夢見の海の中
歌を忘れた金糸雀は
今や何処に往きななむ

金「こんなのいやかしら~。」




:金糸雀、初めての一人暮らし: :2008/04/08(火) 23:19:06.87 ID:aJjDscRoO

金「今日は燃えるゴミの日ね…」

金「毎回寝坊して間に合わなかったけど…」

金「今日こそ出してみせるかしら!」

金「といっても…ちょっと量が多い気もするし…」

金「…こんな時にみっちゃんがいてくれたらなぁ~」

ガチャ
み「カナ!手伝いにきたよ!!」
金「ありがとうみっちゃん。助かるわ。はい、これよろしくね。任せたかしら」
み「え?う、うん!私に任せて!行ってくるわ、カナの為に!」
金「いってらっしゃいかしら~♪」
バタン

金「…やはり洗面所に仕掛けてあったか…」
|