|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋誠和68

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2011/2/18

『麺屋 誠和』で、1日20食限定の 「野菜のつけ麺」 (800円)を。
2月15日から販売の新しい限定メニューです。
この前いただいた試作がとても美味しかったので、早速食べに行ってきました~。

スープは動物系をベースに、野菜類を加えて粘度を出した、いわゆる「ベジポタ系」。
ベジポタというだけであれば、今の時代それほど珍しくないのですが、こちらのつけ汁は、ひと味もふた味も違います!

スープはボテッとした粘度ではなく、トロ~リと絡みつくような粘度。
“とある野菜”を使うことにより、ただトロリとしているだけでなく、やや粘り気がある、他に類を見ないような独特な粘度に仕上がっています。
塩分はつけ麺にしてはかなり低めですが、トロ~リスープが麺にたっぷりと絡むので、とてもよい塩梅。
非常に高粘度ながらも、野菜による粘度なので、クドさは全くの皆無で食べやすいのも特徴です。
味わいとしても、このスープと醤油ダレがとてもよくマッチしていて、素晴らしく美味しいつけ汁に仕上がっています!

麺はレギュラーつけ麺と同じ、三河屋製麺製の平打ち太ちぢれ麺。
具は肩ロースチャーシュー・半割味玉・メンマ・アスパラ・刻み白ネギ。


試作でいただいた時も美味しかったですが、本仕様になって更に磨きがかかりましたね。
店主自身が「今までの限定の中で一番好き」というのも納得の極ウマつけ麺です!
非常に個性がありつつ、幅広い層にも受け入れられそうな味わいに仕上がっていて、hiro的にも誠和の限定の中でも最高傑作だと思います!!





                         by hiro (2011年 33杯目)


  • 皆様、数々のコメントありがとうございます。
    できるだけコメントを削除することはしたくないのですが、これ以上はお店側・書き込まれる側、双方にとってもよくないと判断させていただきました。
    まことに勝手ではありますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。
    -- hiro (2011-04-01 23:02:33)