|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

テンテン〔山形県〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/10/23

別館ネタです。。。

この日はラー友のやおさんと一緒に、山形遠征に行ってきました!
しかし今回は趣向を変えて、ラーメンに特化せず、hiroが今研究中の焼きそばをメインに、山形に詳しいやおさんにお店をチョイスしてもらって、色々と食べ歩いてきました♪


2軒目は『焼そば専門店 テンテン』へ。
庄内焼きそばの中でも1,2を争う人気店だそうです。
連れてきてもらって初めて知りましたが、余目にあった今は亡き伝説の焼きそば店『ケンケン』の味をインスパイアした焼きそばを、「庄内焼きそば」又は「余目焼きそば」というそうです。

お世辞にも綺麗とは言えない(失礼)店内は、カウンターがカウンターが6席に、小上がりが2卓。
メニューを見ると、一番人気の「庄内焼きそば」の他に、モツが入った「ピリ辛モツ焼きそば」、塩味で魚介がたっぷり入った「シーフード焼きそば」、ソース焼きそばに自家製ミートソースをたっぷりかけた「ミート焼きそば」など、創作系焼きそばも。


食べたのは 「庄内焼きそば 普通盛り」 (550円)。
まずビジュアルにビックリ!
焼きそばが隠れて見えないくらい刻み海苔がドバっとたっぷり!!
海苔はただの刻み海苔ではなく、味海苔が使われています。
このたっぷりの海苔が、庄内焼きそばの特徴でもあるそうです。

麺は焼きそばにしては太めのちぢれ麺。
味付けはかなり薄味で、卓上にソースが置いてあり、それを自分で回しかけ、味を調整するのが庄内焼きそばのスタイルだそうです。
普通盛りでも量はかなり多めです。

具はキャベツ・目玉焼き・豚バラスライス。
大きくカットしたキャベツは量もたっぷりで、食べても食べてもなかなか無くなりません(笑)
豚スライスは一般的な細切れではなく、10cm超の長い物が3枚入っていました。


いや~、これはかなり衝撃的な焼きそばでした。
ラーメンで表すと、1軒目に食べた『三浦焼ソバ店』のが「淡麗系」ならば、こちらは「ジャンク系」といった感じの、180度真逆の焼きそばといえるでしょう。
この焼きそばは「B-1グランプリ」に出たら、一気にブレイクしそうな予感です。

また来る機会があれば、他のメニューも試してみたいです!(特にミート!)





                                           by hiro



  • コレは仰る通り、「B-1グランプリ」に出したら人気出ると思いますね~。
    味はもちろん意外性、盛りの良さも抜群ですし、何と言っても街興しの為に新たに開発した物ではなく、地元に根付いたソウルフードだと言う点に魅力を感じます。
    -- やお (2010-10-25 23:09:42)
  • やおさん、こんな個性派焼きそばが山形あったんですね~。
    B-1でも上位は全て元々地元に根付いていたメニューだったので、ここの焼きそばはB-1でも魅力的に映ると思います!
    -- hiro (2010-10-26 00:05:59)
  • 海苔のインパクトが凄い!焼きそばだとは分かりませんでした(^^;
    庄内焼きそばって初めて知りました。
    ジャンク系と聞けば、これは是非食べてみねばです!
    -- ビアシン (2010-10-27 15:14:51)
  • これは名前も聞いたことがありませんでしたよ。
    550円でこのボリューム、目玉焼きがのってるのも
    うれしいですね~。
    行く機会が数少ない庄内で何食べるか悩みそうです。 -- りんたろお (2010-10-27 19:53:35)
  • ビアシンさん、私も庄内焼きそばは、やおさんに聞くまで全く知りませんでした。。。
    ニンニクは入ってませんが、たっぷりの味海苔や、後がけのソースがジャンクさを演出してくれています!
    -- hiro (2010-10-27 21:16:40)
  • りんたろおさん、このボリュームでこの価格は、かなりお得です!
    塩味の「シーフード」や、ミートソースがかかった「ミート」もとても美味しそうだったので、ぜひまた来たいですね~。
    -- hiro (2010-10-27 21:18:42)
名前:
コメント: