|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ヘルズキッチン3

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2010/5/1

『ヘルズキッチン』「アルティメッ豚骨鰹」 (780円)。
プレオープン時に2度お邪魔しましたが、グランドオープン後は今回がお初。
アルティメッ豚骨は前回は海老味をいただいたので、今回鰹味をいただいてみました。

海老の時は、海老の風味はそれほど強くなく、あくまでも豚骨が主体の味わいでしたが、鰹だといわゆる濃厚豚骨魚介といった、豚骨も魚介も強烈な味わいです。

スープの粘度は相変わらずのドロドロ高粘度。
ブリックスでいうと30近いんじゃないかなぁと思えるくらい、宮城では間違いなく最濃のスープです。
それでいて、クドさはそれほど感じず、しっかりと飲み干せるスープに仕上がっています。

麺は平打ちの中太麺。
これだけ濃厚だと、ぶっとい麺を合わせたくなりそうなところですが、あえてこの太さの麺を合わせ、ただインパクトだけでなく、バランスも重視したという印象です。

具はバラチャーシュー3枚・茹でモヤシ・岩海苔・キクラゲ・刻みタマネギ・小口ネギ・刻みニンニク・鰹の節粉。
チャーシューはプレの時は厚切りの物が2枚でしたが、グランドオープン後はそれよりもやや薄くカットした物を3枚にしたようです。
食感はトロッと口の中でトロける柔らかさ。
魚粉はグランドオープン後、乗るようになりましたが、味わい的にもビジュアル的にも正解だと思います。
プレ時も感じましたが、刻みニンニクの量が多く、刻み玉葱も相まって、後半スープがかなり辛くなってしまうので、ニンニクは卓上にもあるので、デフォではもう少し少なめでいいかも?


海老味よりも、更にガッツリ男味といったインパクト大の味わいでした!
ちなみにメニュー表見ると、プレ時と少々ネーミング等が変わったようです。
次回は鰯味を食べてみようと思います。




                   by hiro (2010年 108杯目)



名前:
コメント: