|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

あじ仙

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/12/3

新店の『中華そば あじ仙』へ。
北環状線沿い、吉成台にオープンしたお店です。
以前、『ファーストベース』や『同聚徳』があった場所と言えば分かる人もいるでしょうか。

メニュー表を見るとシンプルなメニュー構成で、価格も非常にお手頃です。(「チャーシュウそば」が680円は凄い!)
それだけでなく、平日お昼はライス・キムチ・漬物が食べ放題サービス(土日祝は100円)まであるという大盤振る舞い。
更にスープまで完飲で10円引きという面白いサービスもやっています。

店内を見渡すと、「ファーストベース様へ」と書かれた有名人からと思われる色紙が何枚か飾ってあるのを発見。
お昼の時間帯は女性スタッフのみでしたが、どうやら以前ファーストベースをやっていた方が店主のようです。



食べたのは 「中華そば」 (500円)。
まず見た目は、レトロ感あふれる中華そばといった感じです。
味もそれを裏切らない、生姜の風味香る、油も少ししか浮かないあっさり醤油味。
この手のタイプのラーメンは、お手軽な味の場合が多いですが、こちらはしっかりと作っているという印象で、なかなか美味しいスープです。

麺はやや平打ちの中細ストレート麺。
自家製麺とのことです。
何とも不思議な食感で、中華麺特有の弾力が全くなく、噛んだ力が弾き返されることなく、苦もなく噛み切れます。
かといって茹ですぎという感じは受けず、いわゆるグルテンが全く形成されていないといった感じなのですが、スープとの相性は悪くなく、意識的この食感に仕上げているという印象です。

具はチャーシュー2枚・メンマ・ナルト・刻みネギと、シンプルな装い。
チャーシューは赤身が多いですが、パサツキもなく、程よい弾力のある仕上がりで美味しいです。


麺の食感は好き嫌いが分かれると思いますが、レトロ系中華そばとしては、なかなかの仕上がりだと思います。
「当店おりじなる」という、「辛み納豆そば」というのが気になるので、近々再訪したいと思います!




                        by hiro (2009年 330杯目)



  • 泉地区の「サラリーマン外回りお仕事昼飯事情」ネタ(タイトルナゲェーゾ)
    ありがとうございます。
    行ってみます。
    -- ちょび (2009-12-06 19:45:07)
  • ちょびさん、最近は「サラリーマン外回りお仕事昼飯事情」増えましたもんね~(爆)
    麺は好き嫌い分かれそうですが、スープの味はきっとちょびさんが好むタイプかと思います。
    私も家から近いですし、財布にも優しいお店なので(笑)、何度か通ってみたいと思います。
    -- hiro (2009-12-07 10:11:42)
名前:
コメント: