|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

くろく272

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/3/28

『くろく』で2杯喰いの2杯目、 「辛味噌らーめん」 (800円)を。
レギュラーが味噌になってから、食べるのは今回が2回目。
前回は「味噌らーめん」だったので、今回はもう一つの新レギュラー「辛味噌らーめん」にしてみました。

前回同様、スープの粘度がスッゴイです(爆)
非常にドロッとしているのですが、クドさは全くといっていいほど感じない「ドロあっさり」スープ。
辛味噌だと、香味油がラー油になり、その他唐辛子粉や糸唐辛子が加わります。
辛さは唐辛子系の「辣」だけでなく、花椒も「麻」も効かせた「麻辣」な味わい。
ラー油も香ばしく仕上げてあり、食欲がそそります。
辛さは最初は「それほどでもないかな?」と思いましたが、降りかけられた唐辛子粉と花椒のスースーとした清涼感も相まって、後半は「結構辛いな・・・」という印象でした(笑)

ドロドロスープをたっぷりと絡め取る太麺は、非常にモッチリとした食感で美味しいです。

具は鉄板焼きバラチャーシュー・デカメンマ・味付けモヤシ&白髪ネギ・おろし生姜・唐辛子粉・糸唐辛子・小口ネギ。


前回は正直、美味しいのか美味しくないのかすら判断不能の不思議なラーメンという印象だったのですが、今回は辛さの部分を抜きにしても、前回よりこの味噌らーめんの魅力をしっかりと感じ取れました。
以前の白・黒も、その魅力が分かるまで結構な時間を要したので、この味噌も食べるに連れ、ドンドンハマっていきそうな予感です。


ちなみに今日は、あのドロドロなのにあっさりとしたスープの正体(素材)を当ててやろうと意気込んで来たわけですが、全神経を舌に集中し、探り当てるように食べると、後味に「どこかで体験したことのある味がするな~」と、頭の中の押入れを掘り起こしたところ、一つの答えが思い浮かびました!
その答えは店主に言ったところ・・・・
見事正解!! v(・∇・)v ブイ (正確に言うと90%正解かなw)

なるほど~、あれなら確かにこういうスープになるもの納得です。
ちなみに当てたのは私で5人目だそう。(何気に分かった人結構いるのね。。。)
皆さんも味覚トレーニングだと思って当ててみてください(笑)




                   by hiro (2009年 106杯目)




  • 麻辣両方が効いてる辛味噌ラーメン。山形の辛味噌とは全然違うもの
    でしょうからこれは非常に興味あります。
    ビジュアルも食欲そそる美しさですね!
    -- りんたろお (2009-03-29 09:35:51)
  • りんたろおさん、どこにも似ていない、まさにくろくだけの味わいですよ~。
    麻と辣の効き方も絶妙です!
    凄いドロッとしていますが、クドさがないので、2連食目でもスープまで完飲でした!
    -- hiro (2009-03-29 10:15:39)
  • 初カキコ失礼します。
    ボクはまだ一度しか食べてませんが、
    その時に脳裏に浮かんだのは同じ東口の
    某口でした。
    そんな感じでしょうか? -- もんちゅ (2009-03-30 12:36:40)
  • もんちゅさん、初めまして!
    >その時に脳裏に浮かんだのは同じ東口の某口でした。
    そこは味噌がウリの“あそこ”のことですかね~?
    味噌主体の味など、重なる部分も無くはないですが、トロミの出し方などは全く別物といっていいでしょう。
    -- hiro (2009-03-30 15:47:30)
名前:
コメント: