|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

必勝軒〔千葉県〕

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2009/1/19

この日は2泊3日で千葉県の舞浜駅から程近い「ネズミの楽園」へ行ったついでに、首都圏ラーメン食べ歩きをしてきました(笑)
閉園後にしか自由が効かなかったので、深夜営業しているお店を中心に回ってきました。

夜のラーメンツアー(爆)、初日の1軒目は『必勝軒』へ。
『東池袋大勝軒』と『永福町大勝軒』の2つの名店で修行した店主のお店です。
千葉に来る機会があったら、ぜひとも食べてみたいと思っていました。

20時頃の来店で、行列は10人ほど。
店内に入り、まずビックリしたのは、店主とお弟子さん2人の他に、小学生と中学生くらいの女の子がせっせと働いていました!
店主があまり体調がよろしくないということで、娘さん2人がお父さんを手伝っているとのこと。
家族愛に涙です (>_<。)


その家族愛に涙しながら食べたのは 「特製もりそば」 (800円)。
メニューは「ラーメン」と「特製もりそば」の2種のみ。
それら2つをトッピングや麺の量を増やしていくといった構成。
大勝軒系といったら、やはり「もりそば」でしょう!ということで、こちらをチョイス。


優しいモッチリ。
麺は自家製の中太ストレート麺。
量はデフォで260g。
モッチリとしていますが、噛む力を弾き返すような強いコシではなく、優しく押し返してくるようなソフトな食感です。
元々硬い麺が好きなhiroですが、この麺旨いです!
感じとしては、仙台では『一草庵』のつけ麺の麺に雰囲気が似ているという印象です。
長さが短く、ススリやすいのもいいですね。


バランススープ。
このお店は、曜日によってスープを変えるそうで、この日は最もベーシックな「バランススープ」とのこと。
そのつけ汁は、動物系と魚介系がバランスよくブレンドされた豚骨魚介系。
思っていたよりも濃度が高く、大勝軒系というより、青葉系といった方が近いかもしれません。
塩分や酸味はほどほどで、ダシの旨味でいただくといった感じのつけ汁です。
ソフトな食感の麺との相性もバッチリです!

つけ汁内には、チャーシュー・メンマ・固ゆで卵半分・海苔・ナルト・刻みネギが入っています。


これは美味しかったですね~。
レトロな雰囲気を残しつつ、現代の技法で丁寧に作られたという印象のつけ麺です。
連れが食べた「ラーメン」(750円)は、もりそばの麺とは対照的に、麺密度が高い感じのガシッとした歯ごたえで、こちらもまた美味しかったです。
ラーメンの麺もデフォで260gで、非常にお得感が高いです。

味もさることながら、店主の動きのよさも素晴らしく、調理しながら、店員さん達への指示も的確で、惚れ惚れするようでした。
話するのも非常に大好きなようで、テキパキ動きながら、常連さん達と面白おかしく話をしていました。
この話を横耳していた30分くらいの間で、オープンして8年とか、電話は壊れてそのまま直してないので雑誌では非公開になっているなどなど・・・、このお店の歴史がほとんど分かった感じです(笑)
ラーメンの美味しさだけでなく、店主の人柄にもほれ込んでしまうようなお店でした!






                   by hiro (2009年 27杯目)



  • 大勝軒系食べるなら、こちらとごとうですかね。麺の美味さは、大勝軒系トップクラスだと。ベーシックスープ 又食べたいです。ところで 土曜日休みを利用してクロムで食べました。麺に驚き!食べて驚き!宮城のレベルの高さを実感しました。又好きなお店が増えました。 -- かがやき (2009-01-25 09:08:16)
  • かがやきさん、マイドです。
    ここはホント行列も納得の美味しさでした。
    現在夜営業は月曜しかやっていないので、ちょうど当ってラッキーでした!

    『喰櫓武』の麺は凄いですよね~。
    ラーメン不毛の地だった仙台も、ここ5年くらいで一気にレベルが上がり、食べて側としても嬉しいかぎりです♪
    -- hiro (2009-01-25 10:17:21)
名前:
コメント: