|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺屋久兵衛19

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2008/10/14

『麺屋久兵衛』で2杯喰いの1杯目、約20食限定の 「太陽の光をいっぱい浴びたイタリア産フレッシュトマトをふんだんに使ったつけ麺 feat グラナパダーノ」 (880円)を。
10月14日(火)~17日(金)まで、各日約20食の限定メニューです。
チョ~~~長いメニュー名ですが、簡単に説明すると、トマト&チーズと豚骨魚介が強力タッグを組んだ和伊コラボなつけ麺で、東京の『ajito』@大井町の「つけ麺ロッソ」を思い起こさせるようなメニューです。


トマ“トン”魚介。

つけ汁は久兵衛自慢のバランスのよい豚骨魚介スープに、イタリア産トマトで作ったトマトソースを加えたトマ豚魚介つけ汁。
トマトソース効果で粘度も高く、見た目以上に濃厚でコクのある味わいです。
つけ汁内には、短冊チャーシュー・メンマ・刻みネギ。粗く潰したトマトもしっかりと入っています。


グラナパダーノたっぷり!
麺はレギュラーつけ麺にも使われているモッチモチの太麺。
その上にフレッシュダイストマト・白ゴマ入りのバジルペースト、そして粉末状のグラナパダーノチーズをたっぷりと降りかけています。(パルミジャーノチーズと似ていますが、生産地域や製法が違うらしい)
チーズをたっぷり絡めた麺を、トマ豚魚介つけ汁に浸けて食べると、口の中はまさに和伊コラボ!
トマトとチーズが入っていても、しっかりと魚介も主張しています。
バジルペーストは少量ですが、その効果は大きく、これを加えるとグッとイタリアンな雰囲気に。


久兵衛初の限定(正確にはこの前、1日限定でこれのプロト版を出しましたが)、十分に楽しめました。
イタリアンな食材を多く使いながら、イロモノ的ではなく、しっかりとラーメンとしての枠に入っているのが流石です。
そして、予定に入っていなかった2杯目へと続く・・・(笑)






                   by hiro (2008年 411杯目)


  • やはり、プレより本番が旨そうですなぁー!
    -- 和尚 (2008-10-15 17:56:30)
  • >やはり、プレより本番が旨そうですなぁー!
    バジルもペーストになっていましたし、研究に余念がありませんね。
    汁なしバージョンも期待大です!
    -- hiro (2008-10-15 18:15:16)
  • 命運を決めるトマトソースは マスターの手作りで 自信の一品です。今後も チーム久兵衛で 意見を出しあって 限定を やっていきたいと思っています。伊藤さん風の煮干し 津軽の煮干し 燕のチャッチャッ くるりさん風 吉村家さん風 富山黒 江ぐちさん風 マスクなお店風等々………

    これからも よろしくお願いします。 -- 煮☆ (2008-10-15 23:59:11)
  • 煮☆さん、先日はごちそうさまでした。
    お手製トマトソースは、イタリアンにも精通している店主ならではですね!
    今後の限定も楽しみです。
    個人的にはくるり風を期待しております(笑)
    -- hiro (2008-10-16 08:46:03)
名前:
コメント: