|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

麺匠むさし坊42

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食べた日:2007/7/22
ついに閉店を迎えた『麺匠むさし坊 仙台店』で、2杯喰いの2杯目「つけ麺」を。
つけ麺は前日すでに売り切れになっていましたが、この日10食限定で復活とのことで、急遽2杯喰いでいただきました。
この温かい醤油味のつけ汁に、熱々の鶏白湯スープに浸かった麺の"ヤケドするつけ麺"は、初食時に衝撃を受けたのを今でも覚えています。
鶏白湯で煮込んで、スープを吸ってモチモチ感が倍増した太麺や、塩を加えたり、逆スープ割りなどの食べ方も革新的でした。
しかも現在のつけ麺は、バージョンアップし、衝撃を受けた当時をはるかに上回る仕上がりです。
このつけ麺は、仙台ラーメン史に残る名品だと思います。

今まで『一心麺』など、閉店が非常に惜しいと思ったお店は何軒かありましたが、この店は間違いなく今までで一番閉店が惜しいお店です。
このお店は、自分のラーメン観にも多大な影響を与えたのは間違いないでしょう。
今までお疲れ様、本当にありがとうと言いたいです・・・



住所:仙台市青葉区国分町1-6-1 ルナパーク一番町ビル1F

                            by hiro (2007年 307杯目)



名前:
コメント: