G-3ガンダム


RX-78-3 三番目に製造された先鋭的なガンダム
マグネット・コーティングを開発段階で施された機体
運動性を優先する為、ルナチタ装甲は薄く更なる軽量化を実現
小説版では後期にアムロが搭乗するガンダムの改良機

初期ステータス

チューンpt 26790 スラスター出力 54/78
HP 2000/4100 スラスター速度 42/72
実弾防御 9/35 レーダー性能 27/78
ビーム防御 10/39 バランサー 26/70
機動性 26/52 旋回速度 26/49

特殊事項
SPAタイプ 必殺格闘

兵装ステータス

威力・耐久 属性 命中 連射 弾速 リロード 弾数
主1 ビームライフル 421/606/645 BEAM 10/45 4-5-6 27/65 40/55 16-20-24
主2 ハイパーバズーカ 542/648/770 SOLID 10/34 1-1-2 15/65 33/55 6-7-10
副 頭部バルカン 27/30/36 SOLID - - 10/65 1/55 32-39-45
格 ビームジャベリン 587/753/900 - 30/55 - - - -
シールド 858/2013/3300 - - - - - -

機体特徴

連邦軍0079「星一号作戦」AルートSクリア報酬。

デフォルトでは原作通りガンダムと比べれば高機動、低装甲だが限界値はガンダム(MC)と大差なく、
盾の耐久値もMAX=3300と並の盾より強固になり、被弾に対して他機体より余裕が出来る。

ガンバトにおける『白い悪魔』と言えばガンダムを差し置いてこの機体の事を指す。
今作、F91の参入もあり運動性能は抑えられたが、
それでもジェガンクェス専用ヤクトドーガ等、
第二次ネオ・ジオン抗争の機体をも凌駕する高い運動性能を持つ。

必殺の【魔貫光ジャベリン】は今作も健在。
0079ジオン最終面で登場し、
あの二人よりもまずこの白い奴を先に倒さないと、
暗殺に等しいSPAを喰らうので注意。

射撃

●主1 ビームライフル (MAX=645)
限界値は前作よりUPし、MK-2・ザクⅢを凌ぐ威力。
主武装としては十分信頼性のある威力である。

●主2 ハイパーバズーカ (MAX=770)
限界値は前作よりライフルと同じくUPしている。

●副 バルカン (MAX=36*2n)
威力は連邦軍の標準機と共通威力。

格闘

ビームジャベリン (MAX=900)
突き→払い→3段突き→スマッシュ?の6段。1段目と2段目の間が大きいが、その後が強烈。
リーチも威力も段数も半端ではない。SPAに目を奪われがちだが、通常格闘も強力無比。


SPA

必殺格闘
ビームジャベリン遠投。ロンギヌスの槍。プロトタイプガンダムがハンマー投げなら、こちらは槍投げ。
格闘SPA?と疑問に思える程の超長射程であり、推定距離1200でも届く。
弾速も凄まじく、ALICEだろうが質量を持った残像であっても貫く命中率。
高弾速、高命中率、限界内でも演習機体を8割削る高威力で、かつ壁を貫通する事が出来るといった強力無比なSPAである。
真上と真下が唯一の死角だが、プロトタイプガンダムのSPAほど高さを気にする必要はない。

命中率と射程距離で言えば間違いなく全SPA中最強。威力も大抵のボスなら一撃でOK。
対戦では、「アムロってば、あんな遠い間合いから、何やろうってんだよ」と遠方で発光しているのを静観していると、亜光速で射抜かれ昇天する。
まさに『白い悪魔』。

格闘SPAの(全体的な)仕様変更で防御出来るようになったのが唯一の弱点。