ジム・キャノンⅡ


RGC-83 出力-1,420kW 推力-59,480kg
NT-1のチョバムを装備したジムキャノンの発展機
支援機としては破格の二門ビームキャノンを搭載する。

初期ステータス

チューンpt 14619 スラスター出力 24/38
HP 1600/3300 スラスター速度 30/52
実弾防御 9/30 レーダー性能 28/45
ビーム防御 13/22 バランサー 18/41
機動性 12/25 旋回速度 19/36

SPAタイプ 超射撃(射角変更可能)

兵装ステータス

威力・耐久 属性 命中 連射 弾速 リロード 弾数
主 ジムライフル 84/98/121 SOLID - - 6/33 19/38 110-189-270
副 ビームキャノン×2 559/665/800 BEAM 25/46 1/2 20/50 30/59 6-8-10
格 ビームサーベル 326/435/615 - 10/42 - - - -
シールド 780/1830/3000 - - - - - -

機体特徴

地球連邦軍0083ルート「ガンダム、星の海へ」S?クリア報酬。

劇中での活躍とは裏腹に、ロワイアル・クロニクルとハブられ続けた不運すぎる機体。
(ガンプラでも未だにキット化されず…)
開発陣からのせめてものお力添えであろうか?。その使い勝手は真に素晴らしい。

0083の難易度の高さもあって、「何故もっと早く出してくれなかった!」と...
文句を言いたい人は多いはず。地味に実体弾とビームの使い分けができる。

チョバム装甲つきの機体なので、それ相応の対弾性能があって然るべしだが、
耐久性はさほど高くはなく、撃たれ強さは一年戦争のガンキャノン以下である。
しかし支援機としては珍しくシールドを携帯しているので甲乙はつけがたい。

主武装は一つしかなくとも、副ビームキャノンが高威力でかなり優秀な兵装。
今のガンキャノンでは不可能となった主・副の楽な取り回しが可能である。
運動性能は標準機以下なので、劇中と同じく遠距離用MSと割り切って扱おう。

射撃

●主 ジムライフル (MAX=121*n)
威力はジムカスタムの同武装より高め。
ビームキャノン弾切れ時に適当にばら撒くのが吉。

●副 ビームキャノン×2 (MAX=800*2)
ジムキャノンⅡ最大の売りであり、命綱となる兵装。
副兵装扱いだが、実質的にこちらがメイン。
肩口から狙撃型ビームを2本発射。
その威力は0083MSでは最強クラス。0083ステージのMSはこの一撃で星の屑に(ry
後述のSPAのためにも、最優先で強化していこう。

格闘

●格 ビームサーベル (MAX=615)
突き攻撃を3回繰り出す。支援型にして威力はガンダム程度。
しかし攻撃範囲はヘボいので率先して使うことは無いだろう。

SPA

ビームキャノンから極太のビームを2本発射する。
特筆すべきは「射角変更可能」な点。連邦系では唯一射角変更可能な超射撃SPAである。
しかも射角変更の速度が早めで、「超射撃→避けられる」 という事態もすぐ対処できる。
何より、まとまって現れた増援部隊を一瞬で薙ぎ払う快感は病み付きになるだろう。